So-net無料ブログ作成

年次業績評価本格導入 [ブータン]

業務実績管理制度は効率化への大きな一歩――首相語る
GPMS a big leap for efficiency: PM
Kuensel、2016年7月7日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/gpms-a-big-leap-for-efficiency-pm/

(以下、要約)

木曜日のクエンセル紙に、トブゲイ首相が、6日(水)、全閣僚、全県知事、全市長、41の独立行政機関の長との間で、年次業務実績合意(APA)に署名したという記事が出ていた。2013年に導入が決定した政府業務実績管理制度(GPMS)は、2014-15年の試行を経て、今回のAPAで本格実施に移るのだという。予算配分もAPAに基づいて行われる。

同首相によれば、GPMSの主目的は、政府は計画策定段階ではよくやっているが、実施段階で計画に満たないものが多いという、国王の懸念を払拭することにあるという。「我々が計画策定は上手いが、それを具体的行動に落とし込んでいくのは上手くない」と首相は述べたという。

APAは、中央省庁だけではなく、地方分権化の流れの中で、県知事や市長とも結ばれた。権限と予算を地方にも委譲し、結果に責任を持たせようとするものである。GPMSは南アジアの国々では既に導入されているが、地方の首長とまでAPAを結んでいるのはブータンだけだという。APAに記載される当該年度達成目標は、GNH委員会、予算局、会計局、全国統計局、人事院から成る混成チームによって査定され、予算配分が決められ、データのチェックと人事評価に使われるのだという。

APAの署名当事者の人事評価に用いられる。合意事項を達成できなかったトップは、その後の人事にも響くという仕組みだ。こうして、成果に対して責任を持たせ、信賞必罰を行う。

2016-7-7 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:成果主義
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る