So-net無料ブログ作成

初めて聞いた国王の肉声 [ブータン]

国会第7会期末閉会式における国王のご発言
His Majesty’s Address
Kuensel、2016年7月8日
http://www.kuenselonline.com/his-majestys-address/

(以下、要約)

7日(木)、会期末を迎えた国会では、全閣僚、下院、上院の議員72名全員が出席の上、閉会式が行われた。式の冒頭、玉座に着席された国王より演説があり、その英訳全文が翌8日の全国紙クエンセルに一面トップで掲載された。

冒頭、国王は、国づくりという重要な使命を担ってきた国会議員の尽力を称え、国民の代表として、国民の声を拾い、それを国の開発事業や政策に反映させ、かつその進捗を国民とも情報共有する上で、議員の果たしてきた役割は非常に大きいと評価した。同様に、権力の抑制均衡を確保するにあたって議員の果たした役割も大きい。2008年の議会制民主主義への移行以来、国会では18回の会期を重ね、35本の新たな法案を可決し、14本の修正法案を可決し、18法案を廃案にし、25本の国際合意の批准を承認してきた。ブータンの民主主義は、前例がない中で経験を積み重ね、徐々に強化が図られてきた。この過程でも国会は重要な役割を果たしてきた。

次に、国王は現政権と政府に対しても謝意を述べられた。2013年に発足した現政権の下では、第11次5ヵ年計画で示された、バランスの取れた社会経済開発が中心的取組み課題となっている。現行5ヵ年計画の総予算規模は2,130億ニュルタム(約4300億円)と過去にない大規模なものとなった。また、現行5ヵ年計画とは別に、主要水力発電所建設計画も順調に進捗し、5ヵ年計画の中間レビューでも進捗確認が行われている。

2016-7-8 Kuensel.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る