So-net無料ブログ作成

首相が語るこの国の現状 [ブータン]

国民総幸福の現状――首相報告、全国調査の結果を焦点に
The status of GNH in the country
Kuensel、2016年7月6日、Kinga Dema記者
http://www.kuenselonline.com/the-status-of-gnh-in-the-country/

(以下、要約)

7月5日(火)、トブゲイ首相は国会会期末に際して、国を取り巻く情勢に関して「State of the Nation」演説を行い、この中で6月末に最終報告書案がまとまった2015年国民総幸福量(GNH)全国調査の結果を報告した。この調査はCentre for Bhutan Studies and GNH Research(CBS)が昨年実施したものである。

報告において、首相は、保健、教育、生活水準、農村開発、女性、雇用等に関する具体的な調査結果を紹介。保健については、医療サービスの無償供与は健康水準の引き上げに貢献しているものの、自殺者の増加を懸念材料として指摘。教育では、初等教育純就学率、高等中等教育の修了者率を成果として挙げつつも、特に農村部での教員不足を課題として指摘している。携帯電話やテレビ、冷蔵庫等の消費財の所有率、安全な飲料水・下水道サービスへのアクセス、農村電化等では著しい進展が見られた一方で、首相は生活コストも高まりつつあることに言及。

農村住民が都市住民に比べて貧困率が高く、幸福感を感じていないことも調査結果は示している。行政サービスについても、多くの住民は、教育、保健分野でのサービス提供、汚職腐敗対策、雇用創出等に関する政府の公共サービスには満足していないと指摘する。

首相は、2015年GNH全国調査の結果公表がこのタイミングになったことを高く評価。現政権の折り返し地点に当たり、今後この調査結果をベースに政策実施を進めると述べた。

2016-7-6 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:GNH
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る