So-net無料ブログ作成

責任を問わない体質に一石? [ブータン]

父親、病院側の過失を主張
A father alleges hospital negligence
Kuensel、2016年7月13日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/a-father-alleges-hospital-negligence/

(以下、要約)

ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の救急外来の手術の後、死亡した3歳の男児について、男児の父親が病院側の過失を主張し、ブータン医療保健評議会に真相究明を求める要求書を提出した。

この男児は、5月21日に車にはねられて左膝下を負傷し、父親によって病院に運び込まれた。5時間を要した1回目の手術のあと、男児は意識もしっかりしており、両親との会話での受け答えもちゃんとできていたという。

しかし、翌日の2回目の手術では、男児は当初は容体が安定していたにも関わらず、途中急変し、帰らぬ人となってしまった。

父親の主張するところでは、膝下のけがぐらいで命を落とすことは考えられず、手術中の過失が原因だったのではないかと考えられる。父親は病院の外科手術チームに対して法的手段に訴えることは考えていないが、もし過失があったのなら、二度と過ちが繰り返されないよう、真相を究明してほしいと述べている。

要求書を受け取った評議会では、外科手術チームが適切な医療行為手順に基づいて手術を行ったのか、過失がなかったのかどうかを調査するという。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る