So-net無料ブログ作成
検索選択

インドによる水力発電協力の評価 [ブータン]

8月22日(月)、インドの有力民間財団ヴァスーダ財団は、NGOオックスファム・インディアと共同で行ったインド・ブータン電力協力の実態調査の結果をHPで公表し、報告書のローンチングがここブータンでも行われた。それを受けて、全国紙クエンセルでは、24、25日の両日、この調査報告書の内容を1面トップで報じている。

*ヴァスーダ財団HPの調査報告書URLは以下の通り。ご興味あれば一読下さい。
 http://www.vasudha-foundation.org/wp-content/uploads/Final-Bhutan-Report_30th-Mar-2016.pdf

印ブ電力協力合意は疑わしい
Indo-Bhutan energy cooperation agreement questioned
Kuensel、2016年8月24日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/indo-bhutan-energy-cooperation-agreement-questioned/

2016-8-24 Kuensel02.jpg

【ポイント】
ブータンのインドとの外交関係、及びそれを象徴する水力発電事業の実施は「政治的にデリケート」なテーマと見なされ、重要な情報が人々に届くのを妨げる可能性が潜在的にある。

水力発電プロジェクトのブータン国内での実施に向けた二国間合意に関する基本的情報へのアクセスには大きな支障がある。合意内容は公開されておらず、プロジェクトの実施内容の情報開示は最低限しか行われていない。これは、ADBとオーストリアが支援する水力発電事業の情報開示とは大きく異なる。

しかも、この情報開示はブータン国内でだけの問題ではなく、インドにおいても、情報公開法(RTI)に基づく情報開示請求がほとんど成果を生み出さない。

合意内容が開示されていない中で、二国間の合意内容は、ブータンに有利とはいえず、むしろインド側に有利なものである。水力発電事業体の意思決定へのインド側の参画は大きく、ブータンに比べて発言力が強い。建設業者や資機材納入業者も、インド企業が選ばれ、事業化可能性調査(F/S)や、詳細計画策定調査(DPR)、設計、インパクト事前評価の実施などもすべてインド企業である。ブータンにはこうした業者がいないとよく言われるが、実際のところADB/オーストリアの事業ではブータン地元企業が受注している。

また、財務内容を見ても、近年インドによる支援で進められてきたプナサンチュやマンデチュの水力発電事業は、無償資金に比べて有償資金の割合が高くなってきており、このことがブータン側の財務負担を高める原因となっている。しかも、当初計画額に比べて2~3倍もの費用高騰が起こっている。費用高騰はADB/オーストリアの支援でも見られないことはないが、これほどの高騰はインドの支援でしか起きていないという。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『限界費用ゼロ社会』 [仕事の小ネタ]

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/10/29
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
いま、経済パラダイムの大転換が進行しつつある。その原動力になっているのがIoT(モノのインターネット)だ。IoTはコミュニケーション、エネルギー、輸送の“インテリジェント・インフラ”を形成し、効率性や生産性を極限まで高める。それによりモノやサービスを1つ追加で生み出すコスト(限界費用)は限りなくゼロに近づき、将来モノやサービスは無料になり、企業の利益は消失して、資本主義は衰退を免れないという。代わりに台頭してくるのが、共有型経済だ。人々が協働でモノやサービスを生産し、共有し、管理する新しい社会が21世紀に実現する。世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとにこの大変革のメカニズムを説き、確かな未来展望を描く。21世紀の経済と社会の潮流がわかる、大注目の書!

読了から1カ月近くが経過してしまうと、何が書いてあったのかを思い出すのが大変だが、知の巨匠が著したこの作品、情報盛り込み過ぎで僕の頭の理解容量をはるかに超えており、全部思い出すのは不可能に近い。多分、今後必要に応じて必要な箇所を読み直し、部分理解に努めるぐらいが関の山かなという気がする。自分の言葉で著者の論点を整理して述べるのは大変だが、IOTとファブラボ、幸福度、持続可能な開発、再生可能エネルギー、スマートシティ、MOOC等のキーワードが纏めて概念整理されて1冊の本の中で論じられているという点では非常にコスパが高いと思う。

そもそもこの本を手に取ったのは、IOTのことを知りたいと思ったからだが、IOTとは縁遠いと思われたここブータンにおいても意味をなしそうな論考が本書の中でも行われていたので少しだけ紹介してみたいと思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

学校教育カリキュラム見直しへ [ブータン]

カリキュラムは見直すー教育相語る
Curriculum will be reviewed: education minister
Kuensel、2016年8月20日、Tempa Wangdi記者
http://www.kuenselonline.com/curriculum-will-be-reviewed-education-minister/

【ポイント】
ノルブ・ワンチュク教育大臣は、19日(金)に行われた第26回記者懇談会(Meet the Press)において、教育カリキュラムの見直しを目的としたカンファレンスを開催する意向を明らかにした。

このプロセスは、各学校レベル、各県レベル、全国レベルの3階層から成る。現場の状況を最もよく知る学校教員の、全ての教科に関する声を集める。学校レベルでは2日間のレビュー会議が開かれ、その結果を集約する県レベルの会議が次に開催される。ここでは専門家や教育関係者、父兄、生徒の声も拾う。その上で、全国レベルのレビュー会議が行われる。

記者懇談会に同席していたチェリン・トブゲイ首相は、カリキュラム改善に必要性は認識しているものの、拙速な改革は行わない意向を示した。十分な現状把握に基づき、現場に混乱を来さないよう、慎重な見直しプロセスを取りたい由。

教育カリキュラムの改善にあたっては、既に政府は王立教育評議会(REC)の機能強化に着手している。教育省カリキュラム開発局をRECに統合し、カリキュラムの見直しと改訂プロセスを専門的に実施する役割を果たす。

続きを読む


タグ:保健 教育
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野良犬は危険か否か? [ブータン]

毎度更新が滞るたびにごめんなさいと言っている気がしますが、今月上旬は家族がこちらに来ていて、アテンドに忙しかったり、ネットがつながらないところに行ったりしてましたし、家族が帰ってからも、たまっていた仕事を片付けるのに追われ、さらにはアパートのWiFiが突然つながらなくなるハプニングがあったりして、なかなかブログの更新に取り組むことができませんでした。本当にごめんなさい。

これから心を入れ替えて―――というわけにもいかないと思いますけど、できるだけ更新していきたいと思います。


イヌ対策は政府に重くのしかかる
Dog problem costs Govt. dearly
Kuensel、2016年8月6日、Tenzin Namgyel記者
http://www.kuenselonline.com/dog-problem-costs-govt-dearly/

2016-8-6 Kuensel.jpg

いつも通り、ポイントを要約する―――。

過去3年半の間に、政府は狂犬病予防接種(ARV)と破傷風・ジフテリア予防接種(TD)だけで300万ニュルタム(約450万円)近い支出をしてきた。この費用には、接種にかかった人件費は含まれていない。

ジグメ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の記録では、イヌに噛まれたり引っ掻かれたりして同病院でARVやTD接種を受けた外来患者は2013年には1,820人いた。ARV接種のみの記録では、2014年には1,687人、2015年には2,090人に増加。今年も、6月末までの累計で、既に1,000人以上がARVとTDの接種を受けている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る