So-net無料ブログ作成

野良犬は危険か否か? [ブータン]

毎度更新が滞るたびにごめんなさいと言っている気がしますが、今月上旬は家族がこちらに来ていて、アテンドに忙しかったり、ネットがつながらないところに行ったりしてましたし、家族が帰ってからも、たまっていた仕事を片付けるのに追われ、さらにはアパートのWiFiが突然つながらなくなるハプニングがあったりして、なかなかブログの更新に取り組むことができませんでした。本当にごめんなさい。

これから心を入れ替えて―――というわけにもいかないと思いますけど、できるだけ更新していきたいと思います。


イヌ対策は政府に重くのしかかる
Dog problem costs Govt. dearly
Kuensel、2016年8月6日、Tenzin Namgyel記者
http://www.kuenselonline.com/dog-problem-costs-govt-dearly/

2016-8-6 Kuensel.jpg

いつも通り、ポイントを要約する―――。

過去3年半の間に、政府は狂犬病予防接種(ARV)と破傷風・ジフテリア予防接種(TD)だけで300万ニュルタム(約450万円)近い支出をしてきた。この費用には、接種にかかった人件費は含まれていない。

ジグメ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の記録では、イヌに噛まれたり引っ掻かれたりして同病院でARVやTD接種を受けた外来患者は2013年には1,820人いた。ARV接種のみの記録では、2014年には1,687人、2015年には2,090人に増加。今年も、6月末までの累計で、既に1,000人以上がARVとTDの接種を受けている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る