So-net無料ブログ作成

『限界費用ゼロ社会』 [仕事の小ネタ]

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/10/29
  • メディア: Kindle版
内容(「BOOK」データベースより)
いま、経済パラダイムの大転換が進行しつつある。その原動力になっているのがIoT(モノのインターネット)だ。IoTはコミュニケーション、エネルギー、輸送の“インテリジェント・インフラ”を形成し、効率性や生産性を極限まで高める。それによりモノやサービスを1つ追加で生み出すコスト(限界費用)は限りなくゼロに近づき、将来モノやサービスは無料になり、企業の利益は消失して、資本主義は衰退を免れないという。代わりに台頭してくるのが、共有型経済だ。人々が協働でモノやサービスを生産し、共有し、管理する新しい社会が21世紀に実現する。世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとにこの大変革のメカニズムを説き、確かな未来展望を描く。21世紀の経済と社会の潮流がわかる、大注目の書!

読了から1カ月近くが経過してしまうと、何が書いてあったのかを思い出すのが大変だが、知の巨匠が著したこの作品、情報盛り込み過ぎで僕の頭の理解容量をはるかに超えており、全部思い出すのは不可能に近い。多分、今後必要に応じて必要な箇所を読み直し、部分理解に努めるぐらいが関の山かなという気がする。自分の言葉で著者の論点を整理して述べるのは大変だが、IOTとファブラボ、幸福度、持続可能な開発、再生可能エネルギー、スマートシティ、MOOC等のキーワードが纏めて概念整理されて1冊の本の中で論じられているという点では非常にコスパが高いと思う。

そもそもこの本を手に取ったのは、IOTのことを知りたいと思ったからだが、IOTとは縁遠いと思われたここブータンにおいても意味をなしそうな論考が本書の中でも行われていたので少しだけ紹介してみたいと思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る