So-net無料ブログ作成

『海の見える理髪店』 [読書日記]

海の見える理髪店

海の見える理髪店

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

東京に住んでいる頃、毎週のように図書館通いをして、借りたい小説がなかなか見つからない時、その空隙を埋めてくれていたのは荻原作品だった。最初に読んだのが『あの日にドライブ』だったのがいけなかったか、真面目なテーマなんだろうけどどこか滑稽さを漂わせる登場人物という設定に一種の軽さを感じていて、重松清のように「ハマる」というところまではとても到達しなかった。長編としては、この他に『明日の記憶』『花のさくら通り』、収録短編に荻原作品が含まれるアンソロジーとして『最後の恋 MEN'S』『短編工場』などがあるが、読んでてハズレはないものの、すごく読み続けたいというほどインパクトのある作品には出会ってこなかったので、他に読みたい本があればどうしても後回しにしてしまう作家だった。

ただ、もし「海の見える理髪店」が最初の荻原作品だったとしたら、僕は続けて作品を読み始めたかもしれない。意外性が大きい。荻原さん、こういう作品も書くんですか?ちょっとどころか、かなり驚いた。これに近い雰囲気を持った過去の作品としては『明日の記憶』はあるだろうが、これで直木賞を獲れていないとしたら、『海の見える理髪店』で受賞できたというのは納得である。

続きを読む


タグ:荻原浩
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る