So-net無料ブログ作成

バイクレースに出た首相の話 [ブータン]

カナダ人選手、ツアーオブザドラゴンを制す
Canadian tops Tour of the Dragon
Kuensel、2016年9月5日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/canadian-tops-tour-of-the-dragon/

2016-9-5 Kuensel.jpg
《今年は例年以上の悪路だったようで…》

ブータンの道路を車で走っていると、マウンテンバイクを走らせるサイクリストの姿をよく見かける。ティンプー市内には自分が知ってるだけでもバイクショップが3軒あり、この辺もサイクリストの数と合っている実感がある。なにせ先代国王もマウンテンバイクを走らせているというし、トブゲイ首相や主要な閣僚もバイク愛好家が結構いらっしゃるようである。

そんな環境だから、当然、マウンテンバイクのイベントも結構あるらしい。その中でも最高峰なのが、ブムタンからティンプーまでの268kmを12~14時間で走破するという山岳バイクレース「ツアー・オブ・ザ・ドラゴン」である。一見すると距離は大したことないかもしれないが、問題は高低差。途中3000m級の峠を3つ(ヨトン・ラ、ペレ・ラ、ドチュ・ラ)を越えなければならないし、最も海抜が低いワンデュの町は1200m、従って高低差は2200mあるのである。毎年高山病でリタイアを余儀なくされる選手も多く、完走率はあまり高くない。去年の優勝タイムはそれでも11時間55分52秒だった。

今年は9月3日(土)早朝午前2時にジャカールの町をスタートした。参加者は誰でもというわけにもいかないようで、わずか47名。うち20名が外国人選手だった。残念ながら日本からのエントリーはなかったらしい。去年に比べても道路状況は劣悪だったらしく、1位のカナダ選手の走破タイムは13時間2分5秒だった。完走は19名。外国人は8名。ブータン人選手よりも完走率が高いのは、勝負事で勝てる目途が立たないと簡単に勝負を諦めるブータン人の良くないところも垣間見る気がする。

2016-9-3 Kuensel.jpg
《コース図。9月3日付クエンセル紙から》

続きを読む


タグ:バイク
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る