So-net無料ブログ作成

『小説 君の名は。』 [読書日記]

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

  • 作者: 新海 誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫
内容紹介
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一報、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

このアニメーション映画、今日本では大ヒットしてるんですってね! オジサンが映画館に足を運んでいたらコワイと思われるだろうが、ちょっと興味があります。作品の舞台の半分は岐阜県の飛騨地方、もう半分は東京だけど、瀧クンの住んでる新宿区若葉って最寄駅が四ツ谷なので、僕が学生時代を過ごし、今の職場の本社とも近いんですよね。だから、作品でどんな風景が描かれているのかには正直興味はある。

巷では「聖地巡礼」などと言って、岐阜県古川町を訪ねるファンが多いそうだが、たとえ一時的ではあっても、そうやって田舎の良さを感じてもらうにはいいことかもしれない。ブータンを訪れる日本人がどこかしらその風景になつかしさを覚えると仰るのを聞くと、「いやいや日本にだってそういう土地はあるんですよね」と言いたくなる。そういう土地に住んでる若い人が、農村の風習に飽き飽きして、「ああ早く高校卒業して東京行っちまいて~」と思うのは、ブータンの農村の若者が「都会に出たい」というのと大して変わらない。そして、若者が村を去って行ってしまった後に残るものはといったら、やっぱり共通する問題だ。

大ヒットしている作品なんで、ストーリーを云々するなんて不要。ここでは、オジサンがなぜ今この作品を読むことにしたのか、そのあたりの背景を少し述べておく。「読書日記」なんだから。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る