So-net無料ブログ作成

医療サービスが無料だと病院も大変 [ブータン]

JDW病院スタッフの労働負荷高まる
JDWNRH workload increasing
Kuensel、2016年9月15日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/jdwnrh-workload-increasing/

2016-9-15 Kuensel.jpg

【ポイント】
9月14日(水)、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)は、初めての年次報告書を公表した。

JDWNRHが年次報告書の発表に踏み切った背景として、タンディン・ワンチュク保健大臣は、病院のサービスについて国民に知ってもらうこと、病院スタッフの労務負担について理解を深めてもらうことを上げている。単に病院スタッフがいかに懸命に働いているのかをアピールすることだけでなく、病院スタッフが患者に対して提供する日々のサービスにはどのようなものがあるのかを、読者に理解してもらいたいという。

JDWNRHのラブ・ドルジ病院長によると、病院スタッフの労働負荷は年々高まっているという。昨年の外来患者数は524,760人で、2014年の494,792人から29,968人増加している。年間の手術実施数は、2014年の6,743回から、昨年は7,669回に増加、出産分娩数は4,035件、帝王切開実施件数は1,033件を数える。これを、専門医71人、一般医10人でさばいているのが現状。

病床数は2014年の350床から2015年には381床に増やすなど、病院側でもサービス改善に向けた努力は進めている。神経外科学手術、泌尿器科の新設、癌手術、成人ICU、小児科・新生児ICUの新設等にも取り組んできている。

JDWNRHは19の専門科で903人のスタッフを擁する。

続きを読む


タグ:保健医療
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る