So-net無料ブログ作成

『酷道を走る』 [読書日記]

酷道を走る

酷道を走る

  • 作者: 鹿取 茂雄
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2009/08/08
  • メディア: 単行本
内容紹介
全国に広がる大々的な道路網。しかしそのすべてが快適に走れると思ったら大間違いだ。 ダートでドロドロ、ガードレール皆無なのはあたりまえ。それ以上の、命の危機を感じる危険が国道には数多く潜む。 そんな「国道」ならぬ「酷道」を走破した記録とノウハウが詰まった1冊。 地図もついているので、ドライブにも必携!

どうしょうもない事情により19日からの一時帰国をキャンセルしてしまった。どうしてもいなければいけないのは24、25日の両日だけで、あとのところは何の予定も入れていない。一時帰国をキャンセルしたからといって何か代わりにやることが急に入るわけでもないので、ふだんなら早朝やっている仕事の予習もせず、息抜きに何かもう1冊読もうかと考えた。

シリアスものじゃ息も詰まる。何かないかなとキンドルのショップで物色していたら、なにやら表紙が面白い本に目が吸い寄せられた。タイトルには『酷道』とある。明らかに日本の辺境の国道のルポだと想像できた。いいですね~、ブータンの国道で経験させられるようなことが、日本の国道でも味わえるのだ。

2016-9-20 Dzongkhalum.jpg
《ブータン国道4号線、ゾンカラム橋の崩落現場。7月上旬に崩落後、最近ようやく復旧した》

2016-8-30 Kuensel05.jpg
《ブータン国道1号線、ノブディン手前約10km地点の斜面。目の前を石が転がり落ちてくる》

酷道・廃道ものは、本書の前にも何冊か出ているのがあるらしい。いずれも人気で、発刊から10年近く経過してもいまだに絶版になっていないが、なにせキンドルで読める初期の作品といったら本書ぐらいなので、さっそくダウンロード開始。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る