So-net無料ブログ作成

世界銀行の都市開発支援事業 [ブータン]

タバ地区、模様替えへ
Taba to get facelift
Kuensel、2016年9月17日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/taba-to-get-facelift/

2016-9-17 Kuensel.jpg

【ポイント】
9月16日(金)、ティンプー市北部のタバ地区において、世界銀行の支援するブータン都市開発プロジェクトの鍬入れ式が行われた。トブゲイ首相やキンレイ・ドルジ市長が式典には出席した(写真)。

この事業では、タバ地区のエリア開発計画(LAP)に基づき、道路や歩道、街灯、上下水道網の整備等が行われる。この整備事業は日本の建設会社・丸新志鷹が受注。2019年末の完成を目指す。

タバ地区のLAPは、78エーカーの土地が対象。うち22エーカーでは、地権者の土地をプールして開発後に再配分するという「Land Pooling」の手法が適用された。ティンプーのLand Pooling手法は、世銀が最近公表した報告書『What Makes a Sustainable City(何が持続可能な都市を創るのか)』に収録された、世界のグッドプラクティス16事例の1つとして紹介されている。

事業の総費用は2億5200万ニュルタム(約500万ドル)。

続きを読む


メッセージを送る