So-net無料ブログ作成

観光プロモーションの効果 [ブータン]

ブータン・日本友好オファー、日本人訪問客増に貢献
Bhutan-Japan friendship offer sees sharp rise in Japanese visitors
Kuensel、2016年9月20日、Dawa Gyelmo記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-japan-friendship-offer-sees-sharp-rise-in-japanese-visitors/

【ポイント】
今年6月から8月までの3カ月間で、ブータンを訪れた日本人観光客の総数は3,348人にのぼった。ブータン・日本友好記念オファーに関してブータン観光評議会(TCB)がまとめた報告書速報版で明らかになったもの。昨年の来訪者数は625人にとどまったのと比較して、5倍増という結果である。

この3カ月間限定の特別オファーは、二国間外交関係樹立30周年を記念して行われたもの。また、ブータン側にとっては、今年は王子誕生やシャブドゥン・ガワン・ナムゲルのブータン到来400周年、ブータンに仏教を伝えたグル・リンポチェの生誕記念年にも当たる。

特別オファー期間中、日本人訪問者は1日200ドルの固定料金が65ドルに減額された。航空賃も50%の割引運賃となり、ホテルも最大50%の特別割引を提供した。この間に徴収された利用料及び査証発給料金収入は102万ドルにのぼり、これは昨年の同じ時期の22万1,565ドルと比べても大幅な増収となった。

2012年、日本人観光客は年間で6,967人にものぼったが、その後は年々減少が続き、2015年の訪問客数は2,437人にとどまった。日本語通訳ガイドの不足やバンコクからブータンに入国するフライト数が限られていたのがボトルネックになってきたと報告書は分析。

TCBのアンケート調査によると、回答者の80%が特別オファーが訪問の決め手になったとしている。

訪問者の33%が男性、67%は女性だったという。また、その多くが55歳以上で、1回の渡航にかける費用は平均2,320ドルだった。ほとんどの訪問者は三つ星ないし四つ星ホテルに宿泊、五つ星ホテルに宿泊したのは全体の9%程度にとどまった。また、9%は農村での宿泊も経験。

回答者の多くは、宿泊施設、食事、移動、ガイド、サービス、屋外での文化行事はとても良いと評価するが、一方で、ショッピング施設、買い物の選択肢の少なさ、道路インフラの状況は悪いと評価。

続きを読む


メッセージを送る