So-net無料ブログ作成

企業型請負農業の萌芽 [ブータン]

未活用の政府の土地を農業用に整備する
Clearing unused Gov’t land for agriculture
Kuensel、2016年9月21日、Rajesh Rai記者
http://www.kuenselonline.com/clearing-unused-govt-land-for-agriculture/

2016-9-21 Kuensel.jpg

【ポイント】
8月に正式発足した農業機械公社(FMCL)のサービスの1つが、未活用の政府用地を農業用に整備することである。その一例が、ダガナ県ニチュラ郡ガントカ(ダラガオン)地区の5村にある合計200エーカーの土地である。

FMCLはこうした土地を政府から借り受け、整地を行って灌漑施設も整備し、稲作やトウモロコシ畑に転換する。FMCLの保有する農業機械も用地整備のために活用される。野生動物の侵入を防ぐ電気柵も設置される。こうして作付可能な農地に転換した後、いずれはこれを地元農家の青年グループに引き継いでいく計画。

FMCLのプロジェクトで傭上されるのは地元の人々であり、既に雇用創出効果も確認されている。ゾウのような野生動物の心配もすることなく、安心して農作業に従事できるのが売り。

FMCLはこうした請負農業をいずれは全国展開していく計画。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る