So-net無料ブログ作成

タイの農業協力 [ブータン]

ブータン・タイの農業協力、拡大へ
Bhutan-Thailand agricultural collaboration to expand
Kuensel、2016年9月24日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-thailand-agricultural-collaboration-to-expand/

【ポイント】
22日から24日まで、タイ農業組合省チャチャイ・サリクルヤ長官を団長とする12人のミッションがブータンを訪問し、二国間の農業協力の今後の展開について協議する。

両国は、タイ農業組合省とブータン農業森林省との間で2010年に協力覚書を締結。これまでに、デチェンチョリンの花卉・造園センターの開発や、チミパン農業展示研修センターの開発、米生産や灌漑、普及等の分野での能力開発・交流プログラムにおいて協力実績を積み重ねてきた。

イシ・ドルジ農業大臣は、農業・農村開発におけるタイ農業組合省の長年にわたる経験と専門性のお陰で、ブータンは、交流プログラムや視察、タイからの技術援助を通じて知識を修得することができたと感謝の意を表明。覚書に基づき行われてきた生細胞資源の提供によってブータンは大きな恩恵を受けてきており、今後も特にこの分野での支援の継続をお願いしたいと要望した。

一方で、ブータン農業食料規制機関(BAFRA)からは、タイからの輸入食品の成分表示をタイ語ではなく英語にしてほしいとの要望を行った。2007年のブータン食料規則によれば、外国から輸入されて国内で販売される食品にはゾンカ語か英語のラベリングが義務付けられている。タイ側でも、この問題は本国に持ち帰って関係機関と調整する旨回答している。

今後の協力分野としては、モンガル県ウェンカルの農業研究開発センター及びティンプー県ユシパンのの研究開発センターにおける造園開発分野での技術援助、バイオテクノロジー分野の研修、花卉園芸分野でのキャパシティビルディング、食品加工・パッケージング等の分野での資機材の供与と研修などについて合意した。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る