So-net無料ブログ作成

『夜のピクニック』 [読書日記]

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
夜を徹して80キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。3年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。

前回更新から中3日、体調がどん底でした。多分今月最も忙しかった1週間だったのですが、15日にハに行って以降、ティンプーの夜の気温が急激に下がりました。日中の最高気温との差が15度以上もあると、さすがに体がついていきません。今週は月曜日はまあまあ大したことはなかったのですが、喉の痛みが始まり、火曜日以降どんどん風邪がひどくなっていきました。夜の食事会もパスして、睡眠時間の確保に努めましたが、なかなか回復の兆しが見えません。そうこうするうちに、月に1回ぐらい訪れる、極端に血行が悪くなる時期がやってきて、下肢の冷え、首・肩の凝り、そして頭痛と、もうどうしょうもない症状です。首周りを温めるなど対策はいろいろ講じているところです。従って、週末とはいえ、なかなか外出もできず、もっぱら寝て過ごしている状況です。

さて、そんな寝ころんで何をやるかを考えて、それじゃ何か気の紛れる小説でも読もうかと思い、キンドルの人気小説のリストを物色していて、出会ったのが本日ご紹介の作品。恩田陸作品を読むのは初めてであり、作者で選んだというよりも、ストーリーで選んだ。体調が極めて悪い中で、せめて気持ちだけでも前向きになりたくて、外で長時間体を動かすような話を選んだ。

作品の舞台は高校。24時間で80kmを歩くという全校行事の話。昔ホノルルマラソンを9時間弱で「完走」したアイドルがいて、その後の市民マラソンではいかにも私も市民ランナーです然としていろんなところに出ていたが、全行程歩けば9時間弱でフルマラソンは歩ききれる。従って、80kmも18時間あれば歩けないことはない。そう理論上は考え得るが、こんなに歩き続ければ脱水になったりガス欠になったりもするし、足にマメができたり古傷の痛みが再発したりといろいろ起こり得る。それを集団で、それも高校生活をともに過ごした生徒同士で歩くという行事、僕は高校時代には経験していないけど、そんなのがあったら自分の高校生活もちょっと違ったものになっていただろうなと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『都市輸出』 [持続可能な開発]

都市輸出―都市ソリューションが拓く未来

都市輸出―都市ソリューションが拓く未来

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/11/27
  • メディア: 単行本

内容紹介
日本の「都市」を輸出するノウハウを書籍化する初の企画。日本人が実は知らない、都市を通じた課題解決力を分析し、効率的に世界に売り込むノウハウを紹介する。高齢化社会に対応したコンパクトシティの確立に成功した富山市の事例、世界一安全で高い人口密度を実現した東京都の事例、防災都市としての実力を見せつけた仙台市の事例など、多数の事例を掲載。

先週、10月17日から20日までの日程で、エクアドルの首都キトで、第3回国連人間居住会議―通称ハビタット3(Habitat 3)という国際会議が開催された。会議の成果文書として採択されたのは、その名も「新しい都市の課題(New Urban Agenda)」。都市と農村の人口比率が2008年に逆転し、不可逆的に都市の人口比率が高まっている現状、開発課題のフォーカスが都市に向かうのは致し方ないところだ。

ここではハビタット3の成果文書について詳述するつもりはないが、都市が開発課題の焦点だというのなら、その都市での開発課題への取組みで結果を残してきた日本の都市の経験は、これから都市化がさらに進んでいく多くの途上国にとっても有用であるに違いない。本日ご紹介する本のタイトルはその名もズバリ「都市輸出」。日本が「都市ソリューションの宝庫」だという立場に立ち、この都市ソリューションのポートフォリオこそが、都市化というメガトレンドのなかで、日本が世界に貢献できる大きな潜在価値だと主張する。

本書は「都市ソリューション研究会」という、産学官の合同研究会での議論を1冊にまとめたものだ。都市課題解決の優れたモデルを有する地方自治体6団体と、日本をリードする都市・インフラ関連の企業13社、それと都市・インフラ分野をつかさどる政府機関6機関が参加している。そして、日本の経験を「ソリューション化」するためには、国と自治体と企業が三位一体となることが不可欠だと論じている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

高地民の葛藤 [ブータン]

ヤク飼いの人口、年々減少
Number of yak herders falling by the year
Kuensel、2016年10月22日、Tshering Palden記者(ラヤ)
http://www.kuenselonline.com/number-of-yak-herders-falling-by-the-year/

2016-10-22 Kuensel.jpg

【ポイント】
農業省畜産局の調べによると、高地民のヤク飼育頭数は年々減少している。2012年以来、ヤクの生息数は変わらないものの、ヤクを飼育している世帯数は2015年までの3年間、年率1.4%の減少を示している。ヤクを飼育しながら移動する高地人は11県にまたがり993世帯が確認されているが、飼育頭数は39,543頭(2013年)から38,222頭(2015年)に減少。ヤクの飼育が年々難しくなってきている実態が明らかになってきた。

10月16日から18日までガサ県ラヤで開催されたロイヤル・ハイランド・フェスティバル(以下、RHF)に全国各地から参加した高地民への聞き取りによると、ヤクの飼育が難しさを増している理由として、野犬やその他の害獣による被害や、人手不足等が指摘されている。ラヤの場合は、冬虫夏草の採取の方が高収入につながるということもある。海抜が低い地域での多様な経済活動や生計機会にアクセスしやすくなってきたことや、若者が正規の学校教育に参加するようになったこと、天候不順等の原因によるヤク移動飼育の難しさなどが絡み合って、飼育世帯数の減少につながっている。

ヤク飼いは一般的には環境保全との利害が対立すると見られているが、実際には放牧地のケアをして、長年その資源の保全に貢献してきている。季節移動は牧草地の効果的な管理と利用、流域の保護、聖地の保全等にも役立っている。また、移動高地民自身のユニークな文化や伝統も保全の対象として重要。こうした高地民の貢献度を考えると、彼らを開発の主流に統合していくことは必要不可欠だと考えられる。

RHFは高地民の直面する課題について、様々なステークホルダーが集まり、意見交換を行う機会として重要。課題に取り組むための技術の共有や、伝統文化の再興、彼らが他のコミュニティとの共存共栄を助ける政策やガイドラインの普及を図る、貴重なプラットフォームとなっている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータン初の人工衛星 [ブータン]

初の人工衛星、2018年打ち上げへ
Bhutan to launch its first satellite in 2018
Kuensel、2016年10月21日、Younten Tshedup 記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-to-launch-its-first-satellite-in-2018/

2016-10-20 BBS.jpg
《3人の留学候補生と首相のフォーショット。BBSホームページから》

【ポイント】
2018年半ばには、ブータン初の人工衛星ーナノサテライト「キューブサット」が打ち上げられる。キューブサットは一辺10cm、重さ1kgの超小型箱型衛星。この開発のため、3人の若手エンジニアが選抜され、日本の九州工業大学で宇宙工学の修士課程に進む。3人は今月末までに出発予定。

3人は九州工大で、ナノサテライトの設計・製作から打ち上げ、運用までを学ぶ。2年後には帰国し、情報通信省傘下に設立予定の宇宙開発センターに籍を置き、ナノサテライトの制御に当たる。トブゲイ首相によれば、宇宙開発プログラムは政府にとっても極めて重要で、このために総額28万ドルの予算を確保しているという。3人の留学費用に加え、ナノサテライトの打ち上げ、地上ステーションの設置までが含まれる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『空海入門』 [読書日記]

空海入門―弘仁のモダニスト (ちくま新書)

空海入門―弘仁のモダニスト (ちくま新書)

  • 作者: 竹内 信夫
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
空海は生まれながらに真言宗祖だったのではなく、自身の自己探求の歩みの帰結としてそうなったにすぎない。人間空海を導き、つき動かすものは、純粋無垢な菩提心だった。山と都市、高野山と平安京、唐代中国と日本、重なり合う複合的な磁場のなかで自らを形づくり、日本文化の設計者となった天才的個性の生涯。

何なんだこのテーマは!?―――と思われる方もいらっしゃるかもしれない。最近このブログで取り上げている記事の傾向からいって、ここで「空海」が出てくるというのは意外だろう。でも実はそうではない。ブータンに来てチベット仏教について多少なりとも知っておきたいと思ったとき、最も手っ取り早い密教へのエントリーポイントは、日本語で空海関連の文献を読むことだと考えたからである。ただ、いきなり思想の方に入っていくのも大変なので、空海の生涯について描かれた伝記からスタートしようかということで、本書を手に取った。

僕の実家は浄土真宗大谷派なので、そもそも真言宗との接点はさほどない筈なのだが、実は僕は「空海」の名前も満濃池を作った人であることも、小学校で日本の歴史を学ぶ高学年になる以前に知っていた。どういう経緯なのかわからないが、実家には空海の生涯を漫画で描いた冊子があった。そんなに分厚い本でもなく、ページをめくったら漫画だったくらいのイメージだ。自分の勝手な想像だが、近所にあった真言宗のお寺とのお付き合いの中でいただいたものだったのではないかと思う。(これとの関連性もよくわからないが、僕はこの頃に「青の洞門」のことも何かの漫画で読んで知った。ほんと、自分の記憶力のいい加減さには情けなくなることが多い。)

今回の空海再訪はそれ以来のこと。僕の知識は平安時代初期の「最澄と空海」というセットでインプットされている程度のものに過ぎない。日本史のテスト問題用の暗記知識でしかないし、両者の違いとか訊かれても全然わからない。

そんな状態だから、先ずはその生涯を学ぶというのからのスタートになる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アーミル・カーンを生で見る [ブータン]

アーミル・カーン、ブータンの子供の健康指標の改善を評価
Aamir Khan lauds Bhutan’s progress in child care and development
Kuensel、2016年10月20日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/aamir-khan-lauds-bhutans-progress-in-child-care-and-development/

2016-10-20 Kuensel.jpg

【ポイント】
ユニセフ南アジア親善大使として、ボリウッド映画の俳優兼監督、アーミル・カーンが18、19日の両日、ブータンを訪問。子どもの健康と発育、栄養と食料確保などの取組みを「劇的」と評して称えた。ブータンは社会の中での相互扶助が進んでいる先進的な国で、世界の模範ともなるとし、「ブータンから学ぶことは多い」と述べた。

滞在中、アーミル・カーンは健全な食生活や、胎児から生後2歳に至るまでの子供のケアの重要性を強調。この母親のお腹の中から2歳になるまでの1000日間を「金色の1000日」と称し、この間に子供が被ったダメージは取り返しがつかないものになると指摘した。

また、ティンプー市内の後期中等学校を訪問したアーミル・カーンは、子供の保護に関する強力な法制度と、子供に対する性的虐待との闘いを支援するシステムの構築の必要性を強調。「社会がこうした問題に対して高い意識を持つことが必要」と述べた。

彼の監督・主演作である『Tare Zameen Par』に触れて、彼は「インクルージョン(包摂性)」を強く信じているとして、「特別な支援を必要とする子供たちにとって理想的な状況とは、彼らのための特別学校を設ける必要がない状態。僕の子供の隣りにそうした子供たちが普通に座っている状況のことだと思っている」と述べた。人は多面的な知性を持っており、個々の知性を認めることが重要だと語った。

続きを読む


タグ:ボリウッド
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『聲の形』 [読書日記]

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

  • 作者: 大今良時
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/12/17
  • メディア: コミック

今年の夏は日本映画のヒット作が続いている。先日、小説版をご紹介した『君の名は』は、8月公開後、現在まで絶賛公開中だが、9月のシルバーウィークの頃になると、今度はさらに『聲の形』も公開され、話題になっている。水門小学校6年生の将也のクラスに転校してきた硝子は聴覚障害者。筆談で友達になりたいと訴える硝子をウザいと捉えた将也を筆頭にクラスのいじめが始まる。やがてそれがエスカレートし、校長先生からいじめの存在を疑われるようになると、担任を含めてクラスの皆が将也1人にその非を負わせるべく無視、嫌がらせの矛先が将也に向く。硝子は転校し、将也は小中学校生活を孤独で過ごし、高校生活も同じ状態で半ばを迎えた時、硝子への詫びと過去の償いに向けて将也は動き始める―――ざっとそんな話である。


この作品で要注目なのは、僕が高校卒業までを過ごした岐阜県大垣市の様々な場所の風景が作品の中で登場していることだ。既に「聖地巡礼」が始まっていて、中には作品と実際の場所とをセットで紹介してくれている動画サイトもあり、それを見るとすぐに「あ、あそこか!」と思わず手を叩きたくなるぐらいに身近な場所が多いことに気付かされる。『君の名は』は同じ岐阜県でも郡上市が舞台だったが、『聲の形』はもっと身近だ。原作の大今良時さんが大垣出身なので、さもありなんだ。

《映画のシーンとの比較》

《原作マンガのシーンとの比較》

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

初体験、ハ・メラ [ブータン]

IMTRAT、54回目の創設記念日をハで祝う
IMTRAT celebrates 54th Raising Day in Haa
Kuensel、2016年10月17日、MB Subba記者(ハ)
http://www.kuenselonline.com/imtrat-celebrates-54th-raising-day-in-haa/

IMTRATフェア、大勢の観客を魅了
IMTRAT fair attracts thousands
BBS、2016年10月17日、Yeshi Gyeltshen記者(ハ)
http://www.bbs.bt/news/?p=62868

HaaMela01.jpg
HaaMela02.jpg

10月16日(日)、西部の山あいの町ハ(Haa)にて、メラ(お祭り)が開催された。主催は駐留インド軍(India Military Training Team、IMTRAT)。IMTRATは前夜15日夜に関係者を集めたディナーパーティーを開催、16日は様々な出し物が繰り出されるオープニング式典が開かれた。メラには多くのお店が立ち並び、17日まで開催された。

主賓は王立ブータン軍(RBA)のバトゥー・チェリン総司令官。IMTRATのジェイシャンカール司令官御夫妻とともに馬車で入場、式典が始まった。

前半の目玉はIMTRAT空兵隊によるスカイダイビングだったが、風が強いということで中止になった。

続く目玉は眩しい白のランニング・タイツ姿の男たちによる体操。なんだか日本の学校の運動会を思わせるような演目で、最後はタワーを作ってフィニッシュ。この構成、種目は違うけど、映画『ウォーターボーイズ』みたいだ。

その他、IMTRAT構内にある学校の生徒さんによる、インド各地の民族舞踊とか、地元ハの学校の生徒さんによるブータンの民族舞踊とか、地元テコンドー教室の生徒さんによる演武とか、IMTRAT音楽隊の演奏とかが続く。

HaaMela03.jpg
HaaMela04.jpg
HaaMela05.jpg
HaaMela06.jpg
HaaMela07.jpg
HaaMela08.jpg
HaaMela09.jpg
HaaMela10.jpg
HaaMela11.jpg
HaaMela12.jpg

そしてクライマックスは、シーク教徒に伝わる格闘技「ガタカ」のデモだった。

続きを読む


タグ:インド
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『国土計画を考える』 [持続可能な開発]

国土計画を考える―開発路線のゆくえ (中公新書)

国土計画を考える―開発路線のゆくえ (中公新書)

  • 作者: 本間 義人
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
列島改造、田園都市構想など時々のコンセプトを掲げて国土を開発してきた「全国総合開発計画」は日本の現在の豊かさの原動力となった。反面、中央主導、公共投資重視によって環境破壊、東京一極集中をもたらし、地価高騰、政官財界の癒着を生み出したのも国土計画であった。しかし98年に策定された新計画にこの反省は生かされていない。地方分権と行財政改革が迫られている現在にふさわしい国土計画とはどのようなものであるべきか。

10月3日(月)の全国紙クエンセルに、「日本が360万ドル相当の支援をコミット(Japan commits USD 3.6M in assistance)」という見出しが躍った。ブータンのメディアは外国による支援はすぐに供与総額を見出しにしたがるので、この記事のヘッドラインだけ見ても何のことだかよくわからないが、記事をよく読むと、2030年を目途とした全国総合開発計画の策定を支援することらしい。「全国総合開発計画(全総)」といったら、ブータンの人々がこの国を長期的にどのような国土と社会にしていきたいのかという理念を形にするものなので、外国の援助機関が協力するとはいえ、ブータンの人々がどう考えるのかが大事だと思う。ターゲット年が「持続可能な開発目標(SDGs)と同じだし、この策定のプロセスは2018年7月から始まる第12次五カ年計画の策定プロセスとも軌を一にする。それだけにこの全総策定は非常に重要な計画だ。いろいろな考え方があると思うが、それをうまく引き出して、集約していく作業に協力するJICAの責任は重い。

ということで、少しばかり日本の全総の経験をおさらいしておこうかと考え立ち、こんな本を読んでみた。出版年は1999年と古いが、一般には「全総」という言葉は1998年の五全総―「21世紀の国土のグランドデザイン―地域の自立の促進と美しい国土の創造」では使われなくなったので、この時点を区切りとして過去の全総の振り返りをしている本書の論点は今でも有効だと思う。著者はこの通称「五全総」で同じ失敗を繰り返すのかという問題意識でペンを取られたのだろうが。

面白かったし、参考にもしたい記述が随所に出てくる。これらを列挙するだけでも相当なボリュームになるが、幾つか拾ってみれば、それだけでも本書の全体のトーンはわかるだろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『何者』再読 [読書日記]

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫
内容紹介
就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。

今週1週間、当地は三連休もあったのに僕は論文と大格闘中だったので、ブログの更新が滞ってしまっている。久々に何を書こうかと考えたが、僕に残された週末の自由時間があと1時間しかない中で、パッと書けるものとして『何者』を取り上げる。

今日から映画『何者』が公開される。3年3カ月前に原作読んだ時は、正直あまり読後感のよろしい作品じゃなかったし、今回読み直してみても、この作品自体には少なからず恐ろしさも感じる。うちの子どもたちもあと何年かしたら就活時期を迎えることになるが、今の時代の就活ってこんな感じなのだというのを臨場感を持って知るには、こういう作品を映画で見るのは良いことなのではないかと思う。

SNSの恐ろしさについては、本書を最初に読んだ時に書いたブログでかなり語っているのでそちらもご覧下さい。

今回、なんで再読に踏み切ったかというと、少し前に『何様』を読んだのが発端だ。この日のブログで僕はこう書いている。「『何者』を読んでから3年半が経過し、ほとんど登場人物のことを、「光太郎」以外忘れてしまっていたことが、『何者』と『何様』をつなげてみる作業を困難にしている。登場人物が誰が誰なのか、「光太郎」以外全然思い出せず、こりゃ『何者』をもう一度読み直さないと朝井クンサポーターとしては納得がいかないところだ。」 これが動機ということになる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る