So-net無料ブログ作成
検索選択

『花のあと』 [読書日記]

花のあと (文春文庫)

花のあと (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1989/03
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
娘ざかりを剣の道に生きたある武家の娘。色白で細面、けして醜女ではないのだが父に似て口がいささか大きすぎる。そんな以登女にもほのかに想いをよせる男がいた。部屋住みながら道場随一の遣い手江口孫四郎である。老女の昔語りとして端正にえがかれる異色の表題武家物語のほか、この作家円熟期の秀作7篇。

最近、ブータンネタを連発していたところに、なぜ藤沢周平?しかも、これまで一度もブログで藤沢周平作品を紹介したことがないのに、なぜ今なのか?しかもなぜ『花のあと』なのか?

実は、最近のブログ記事で何度か話題に出している、在ニューデリー日本大使館主催の「日本週間(Japan Week in Bhutan)」のイベントの1つとして行われた日本映画上映会で、9月29日、『花のあと』(2010)が上映された。主演は北川景子。解説がないとただでもブータン人の観客には理解が難しいであろう江戸時代の映画を、なんでまた主催者は選んだのか、それはよくわかりません。上映会自体は、上映開始前に主催者によって作品解説が行われ、当時の結婚はアレンジされていたので、他の人を好きになっても、一緒になることはほとんどなかったことや、稽古と練習試合、そして果し合いで使用される刀が違うこと、そして最後は短刀が鍵を握ることなど、事前に説明があったので、観客にはわかりやすかったのではないかと思う。

映画自体は良かった。剣を握った役者さんの左足の極端な開き方とか、突っ込みどころはないとは言わないけれど、剣を交わすシーンはふんだんに登場し、現役剣士としては嬉しい内容。殺陣にそれほど違和感はなく、北川景子よくやったと褒めたくなる。それ以上に、この役者スゲェと思ったのは、片桐才蔵役の甲本雅裕。すっとぼけた表情で観客の笑いを取っていた。自分の許嫁・以登が江口孫四郎に特別な感情を抱いていることを承知していながらも、以登に代わって探偵活動を行い、果し合いの後始末までしてしまう。

そんな映画の余韻に浸りながら、なんとなく原作を読んでみたくなって、それで電子書籍版をダウンロードしたという次第。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る