So-net無料ブログ作成

高地のマラソン大会2 [ブータン]

以前、5月1日の「オリンピックの日」記念チャリティ・ラン5kmをブログでご紹介したが、それから5カ月が経過し、ようやく自分自身が参加して走ることができたので、ご紹介したいと思う。

大会名は通称ブータン保健信託基金マラソン(Bhutan Health Trust Fund Marathon)、2日間にわたる信託基金(BHTF)のファンドレイジングのオープニングを飾るイベントである。スタートはティンプー市内のチャンリミタン・スタジアム駐車場。コースはティンプーとパロを結ぶ国道をティンプー川沿いに南下し、ティンプー市入口にあたるバベサ・ゼロポイントを折り返し、最後は時計塔広場でゴールするという、12kmのコースだった。(55歳以上は途中のシムトカで折り返す6km)。例年、チャリティウォークとして開催されてきたが、今年から初めてマラソンに移行した。

開催アナウンスメントは9月15日にBHTFのHP上で行われ、クエンセルでも広告掲載された。これまでの1週間ほど、BBSのニュースの後にもずっと車両通行規制の事前通告も含めてイベントが報じられていた。参加申込みは電話。ブータン・アマチュア体育連盟(BAAF)に専用電話回線を設け、9月25日(日)まで受付となっていたが、この電話番号は昼休みにはつながらないし、当然9時から5時までしかつながらない。しかも、祭日や休日もダメだ。締切は日曜日に設定されていたのに、土日の電話がつながらないというのは変な話だ。だから、締切翌日に電話した僕の知り合いも、申込み受け付けてもらえたらしい。かなりユルイ運営だ。参加料は無料。

電話申込みした際には、主催者からは、朝6時30分会場受付開始で、ウォームアップの後、7時にスタートすると聞かされていた。車両通行規制は2時間のみなので、7時ジャストではないにしても、それくらいの時間ではスタートするだろうと思い、僕らは朝6時20分に待ち合わせて、会場入りした。10月に入り、さすがにちょっと朝は寒さを感じる今日この頃だ。

会場入りしてみたものの、スタジアム駐車場には選手受付のテーブルが見当たらない。と思っていたら、マイクロバスが2台停まっている向こう側に、人だかりができていた。受付テーブルが1台しか設置されていないところに、選手が殺到していたのである。これがインドだったら人々は行列など作らず窓口前で割り込みを平然としてくるが、ブータン人もインド人並みに割り込みを平気でするというのがよくわかった。病院の窓口では外来患者が一列で並んで静かに待つという姿が見られるが、こういう場になるとやっぱり窓口に殺到するんだというのが新鮮な驚きと戸惑いだった。しかも、受付係、僕らの名前とゼッケン番号を、先着順で手書きで書いていた。それじゃ電話受付は何のためにやってたんだろうか?

次の驚きは参加賞がポロシャツで、受付済ませた人はみんなそれに着替えていた。これじゃランナー個々人の個性もクソもないなと思い、僕らははあえてポロシャツを着ずに、持参したウェアで走ることにした。 それにしても、参加料が無料の大会で、毎回ウェアを配っているのは驚きだ。この費用も馬鹿にならないと思うが、どこから出るんだろうか。それに、このポロシャツ、フロントには何のプリントもないのに、背中にはでっかくBHTFとイベントのロゴがプリントされている。こんなの普段の街中ではとても着れない。もらってその場では着用できても、あとになったら処分に困る代物だ。

2016-10-1 BHTF05.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る