So-net無料ブログ作成
検索選択

『何者』再読 [読書日記]

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫
内容紹介
就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。

今週1週間、当地は三連休もあったのに僕は論文と大格闘中だったので、ブログの更新が滞ってしまっている。久々に何を書こうかと考えたが、僕に残された週末の自由時間があと1時間しかない中で、パッと書けるものとして『何者』を取り上げる。

今日から映画『何者』が公開される。3年3カ月前に原作読んだ時は、正直あまり読後感のよろしい作品じゃなかったし、今回読み直してみても、この作品自体には少なからず恐ろしさも感じる。うちの子どもたちもあと何年かしたら就活時期を迎えることになるが、今の時代の就活ってこんな感じなのだというのを臨場感を持って知るには、こういう作品を映画で見るのは良いことなのではないかと思う。

SNSの恐ろしさについては、本書を最初に読んだ時に書いたブログでかなり語っているのでそちらもご覧下さい。

今回、なんで再読に踏み切ったかというと、少し前に『何様』を読んだのが発端だ。この日のブログで僕はこう書いている。「『何者』を読んでから3年半が経過し、ほとんど登場人物のことを、「光太郎」以外忘れてしまっていたことが、『何者』と『何様』をつなげてみる作業を困難にしている。登場人物が誰が誰なのか、「光太郎」以外全然思い出せず、こりゃ『何者』をもう一度読み直さないと朝井クンサポーターとしては納得がいかないところだ。」 これが動機ということになる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る