So-net無料ブログ作成
検索選択

『聲の形』 [読書日記]

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

  • 作者: 大今良時
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/12/17
  • メディア: コミック

今年の夏は日本映画のヒット作が続いている。先日、小説版をご紹介した『君の名は』は、8月公開後、現在まで絶賛公開中だが、9月のシルバーウィークの頃になると、今度はさらに『聲の形』も公開され、話題になっている。水門小学校6年生の将也のクラスに転校してきた硝子は聴覚障害者。筆談で友達になりたいと訴える硝子をウザいと捉えた将也を筆頭にクラスのいじめが始まる。やがてそれがエスカレートし、校長先生からいじめの存在を疑われるようになると、担任を含めてクラスの皆が将也1人にその非を負わせるべく無視、嫌がらせの矛先が将也に向く。硝子は転校し、将也は小中学校生活を孤独で過ごし、高校生活も同じ状態で半ばを迎えた時、硝子への詫びと過去の償いに向けて将也は動き始める―――ざっとそんな話である。


この作品で要注目なのは、僕が高校卒業までを過ごした岐阜県大垣市の様々な場所の風景が作品の中で登場していることだ。既に「聖地巡礼」が始まっていて、中には作品と実際の場所とをセットで紹介してくれている動画サイトもあり、それを見るとすぐに「あ、あそこか!」と思わず手を叩きたくなるぐらいに身近な場所が多いことに気付かされる。『君の名は』は同じ岐阜県でも郡上市が舞台だったが、『聲の形』はもっと身近だ。原作の大今良時さんが大垣出身なので、さもありなんだ。

《映画のシーンとの比較》

《原作マンガのシーンとの比較》

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る