So-net無料ブログ作成

アーミル・カーンを生で見る [ブータン]

アーミル・カーン、ブータンの子供の健康指標の改善を評価
Aamir Khan lauds Bhutan’s progress in child care and development
Kuensel、2016年10月20日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/aamir-khan-lauds-bhutans-progress-in-child-care-and-development/

2016-10-20 Kuensel.jpg

【ポイント】
ユニセフ南アジア親善大使として、ボリウッド映画の俳優兼監督、アーミル・カーンが18、19日の両日、ブータンを訪問。子どもの健康と発育、栄養と食料確保などの取組みを「劇的」と評して称えた。ブータンは社会の中での相互扶助が進んでいる先進的な国で、世界の模範ともなるとし、「ブータンから学ぶことは多い」と述べた。

滞在中、アーミル・カーンは健全な食生活や、胎児から生後2歳に至るまでの子供のケアの重要性を強調。この母親のお腹の中から2歳になるまでの1000日間を「金色の1000日」と称し、この間に子供が被ったダメージは取り返しがつかないものになると指摘した。

また、ティンプー市内の後期中等学校を訪問したアーミル・カーンは、子供の保護に関する強力な法制度と、子供に対する性的虐待との闘いを支援するシステムの構築の必要性を強調。「社会がこうした問題に対して高い意識を持つことが必要」と述べた。

彼の監督・主演作である『Tare Zameen Par』に触れて、彼は「インクルージョン(包摂性)」を強く信じているとして、「特別な支援を必要とする子供たちにとって理想的な状況とは、彼らのための特別学校を設ける必要がない状態。僕の子供の隣りにそうした子供たちが普通に座っている状況のことだと思っている」と述べた。人は多面的な知性を持っており、個々の知性を認めることが重要だと語った。

続きを読む


タグ:ボリウッド
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る