So-net無料ブログ作成

『空海入門』 [読書日記]

空海入門―弘仁のモダニスト (ちくま新書)

空海入門―弘仁のモダニスト (ちくま新書)

  • 作者: 竹内 信夫
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
空海は生まれながらに真言宗祖だったのではなく、自身の自己探求の歩みの帰結としてそうなったにすぎない。人間空海を導き、つき動かすものは、純粋無垢な菩提心だった。山と都市、高野山と平安京、唐代中国と日本、重なり合う複合的な磁場のなかで自らを形づくり、日本文化の設計者となった天才的個性の生涯。

何なんだこのテーマは!?―――と思われる方もいらっしゃるかもしれない。最近このブログで取り上げている記事の傾向からいって、ここで「空海」が出てくるというのは意外だろう。でも実はそうではない。ブータンに来てチベット仏教について多少なりとも知っておきたいと思ったとき、最も手っ取り早い密教へのエントリーポイントは、日本語で空海関連の文献を読むことだと考えたからである。ただ、いきなり思想の方に入っていくのも大変なので、空海の生涯について描かれた伝記からスタートしようかということで、本書を手に取った。

僕の実家は浄土真宗大谷派なので、そもそも真言宗との接点はさほどない筈なのだが、実は僕は「空海」の名前も満濃池を作った人であることも、小学校で日本の歴史を学ぶ高学年になる以前に知っていた。どういう経緯なのかわからないが、実家には空海の生涯を漫画で描いた冊子があった。そんなに分厚い本でもなく、ページをめくったら漫画だったくらいのイメージだ。自分の勝手な想像だが、近所にあった真言宗のお寺とのお付き合いの中でいただいたものだったのではないかと思う。(これとの関連性もよくわからないが、僕はこの頃に「青の洞門」のことも何かの漫画で読んで知った。ほんと、自分の記憶力のいい加減さには情けなくなることが多い。)

今回の空海再訪はそれ以来のこと。僕の知識は平安時代初期の「最澄と空海」というセットでインプットされている程度のものに過ぎない。日本史のテスト問題用の暗記知識でしかないし、両者の違いとか訊かれても全然わからない。

そんな状態だから、先ずはその生涯を学ぶというのからのスタートになる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る