So-net無料ブログ作成
検索選択

『夜のピクニック』 [読書日記]

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
夜を徹して80キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。3年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。

前回更新から中3日、体調がどん底でした。多分今月最も忙しかった1週間だったのですが、15日にハに行って以降、ティンプーの夜の気温が急激に下がりました。日中の最高気温との差が15度以上もあると、さすがに体がついていきません。今週は月曜日はまあまあ大したことはなかったのですが、喉の痛みが始まり、火曜日以降どんどん風邪がひどくなっていきました。夜の食事会もパスして、睡眠時間の確保に努めましたが、なかなか回復の兆しが見えません。そうこうするうちに、月に1回ぐらい訪れる、極端に血行が悪くなる時期がやってきて、下肢の冷え、首・肩の凝り、そして頭痛と、もうどうしょうもない症状です。首周りを温めるなど対策はいろいろ講じているところです。従って、週末とはいえ、なかなか外出もできず、もっぱら寝て過ごしている状況です。

さて、そんな寝ころんで何をやるかを考えて、それじゃ何か気の紛れる小説でも読もうかと思い、キンドルの人気小説のリストを物色していて、出会ったのが本日ご紹介の作品。恩田陸作品を読むのは初めてであり、作者で選んだというよりも、ストーリーで選んだ。体調が極めて悪い中で、せめて気持ちだけでも前向きになりたくて、外で長時間体を動かすような話を選んだ。

作品の舞台は高校。24時間で80kmを歩くという全校行事の話。昔ホノルルマラソンを9時間弱で「完走」したアイドルがいて、その後の市民マラソンではいかにも私も市民ランナーです然としていろんなところに出ていたが、全行程歩けば9時間弱でフルマラソンは歩ききれる。従って、80kmも18時間あれば歩けないことはない。そう理論上は考え得るが、こんなに歩き続ければ脱水になったりガス欠になったりもするし、足にマメができたり古傷の痛みが再発したりといろいろ起こり得る。それを集団で、それも高校生活をともに過ごした生徒同士で歩くという行事、僕は高校時代には経験していないけど、そんなのがあったら自分の高校生活もちょっと違ったものになっていただろうなと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る