So-net無料ブログ作成

ガソリンスタンドの移転計画 [ブータン]

市、ルンテンザンパのガソリンスタンドを移転へ
Thromde to relocate Lungtenzampa fuel station
Kuensel、2016年11月5日、Rinzin Wangshuk記者
http://www.kuenselonline.com/thromde-to-relocate-lungtenzampa-fuel-station/

2016-11-5 GasStation01.jpg
2016-11-5 GasStation02.jpg
2016-11-5 GasStation03.jpg

【ポイント】
ティンプー市は、「ティンプー構造改革計画2002-2027」に基づき、ノルジンラム大通り入口に位置するルンテンザンパのガソリンスタンドの移転に踏み切る。このガソリンスタンドはタシ・グループに属する。この地域は、ジグミ・ドルジ・ワンチュク記念ゲートウェイとして再開発される予定。

ガソリンスタンドの移転先としては、2カ所が候補地に挙がっており、市はこれから移転交渉に入る。2007年土地法によれば、政府は公共の利益にかなう用地の収用が可能であり、収用にあたって代替用地の提供ないしは現金による補償を行うことが求められる。

このガソリンスタンドの用地は、ティンプー市とタシ・グループとの間で6年間にも及ぶ法廷闘争の結果、タシ・グループに利用を認められた経緯がある。しかし、「ティンプー構造改革計画」では、このエリアは「E-2(環境保全区域)」に指定されており、緑地として利用する以外の土地利用が認められないことになっている。

この区域がE-2指定されていることは、同様にE-2指定されていた旧タクシー駐車場の土地利用権についてタシ・グループと市が係争した際に初めて確認された。市側は25年間のマスタープランを盾に緑地化を押し進めたい考え。

続きを読む


タグ:ティンプー
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る