So-net無料ブログ作成
検索選択

南米原産キヌアのブータンでの生産 [ブータン]

農業省、キヌア生産推進へ
Agriculture ministry will promote quinoa production
Kuensel、2016年11月10日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/agriculture-ministry-will-promote-quinoa-production/

【ポイント】
ユシパンの研究開発センターにおける3年間にわたる試験生産を経て、農業省はキヌア生産の振興に乗り出す。キヌアは南米原産の穀物で、高い栄養価で知られる。他の穀物と比べて高い価格で取引され、輸出産品としての可能性も有する。

昨年、農業省は、キヌア生産の全国各地での適用可能性を見るため、ポブジカ(ワンディポダン県)、カンマ(タシガン県)、ビテカ、ダワカ(いずれもパロ県)、ユシパン、パジョディン、ドチュラ(いずれもティンプー県)等、計40エーカーの農地で試験栽培を行った。用いられたキヌアの品種は9種類で、うち2品種については海抜1500メートル以上の高地、1品種は低海抜地帯での生産適用性が試験された。

その結果、キヌアはブータン南部での生産により適することがわかった。一方で、低海抜地帯ではあまり生育が期待できないこともわかっている。キヌアの生育サイクルは120~240日と言われているが、ブータンでは、低地では112~115日、高地では165~225日で収穫可能となる。

キヌアは健康食品としても世界的に注目されており、実だけでなく、新葉も消費対象とされている。キヌアの種の含有タンパク質は、質、量ともにコメ、小麦、トウモロコシ等の穀物を凌駕するという。

農業省では、キヌアに関するパンフレットを作成するとともに、今年12月にドバイで開催予定の国際キヌア学会に向けた発表レポートの作成にも取り組んでいるところ。

今年のブータンのキヌア生産は300~500キロだが、これまでの生産増加のペースが続くとすると、今後3年間で3,000~4,000キロにまで生産拡大が見込まれる。キヌアの国際取引価格は、キロ当たり4~6ドルと言われる。

2017年、農業省はキヌア生産にさらに集中し、約65エーカーの農地で26,000キロ(ママ)の生産を試みる。これにはキヌア種子32キロが必要であり、農業省はキヌア生産農家からキロ100ニュルタムで種を調達する予定である。海抜1500メートル以上の高地での播種は3月中旬から4月中旬、1500メートル未満の農地では10月中旬から11月を予定。

続きを読む


タグ:農業
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る