So-net無料ブログ作成
検索選択

ティンプーにファブラボ [ブータン]

ティンプー・テックパークにファブラボ開設
Thimphu Tech Park to have digital fabrication lab
BBS、2016年11月9日、Phub Gyem記者(ティンプー)
http://www.bbs.bt/news/?p=63445

2016-11-9 BBS.jpg

【ポイント】
ティンプー・テックパークに市民向けデジタル工作工房「ファブラボ」ができる。時期は来年6月。デジタル工作は、コンピューター制御された工作機械を操作して様々な製品を製作できる製造プロセスのことをいう。ファブラボが開設されれば、ブータンの研究者やビジネス業界関係者の利用が期待される。

このラボは、様々な背景の人々が集まって協働するワークスペースや、デジタル工作教育の場として運営される予定。学生やデザイナー、発明家、起業家等が集うリソースセンターとして機能していく。これを利用することで、人々は3D造形も含めて様々な材質のものをデザインし、「プリント」することができる。

慶應義塾大学の渡邊助教授は、「自分が地元の人々や専門家と議論してきた感触として、野生動物や犬を農地や家に近寄らせないようにするための超音波発生装置のようなデバイスの開発は1つの可能性としてあり得る」と述べる。.同教授によると、ファブラボはこうした多くの可能性に道を開くことになるという。「特にティンプーでは、仕事を探している若い人が多いと聞く。そういう若者は、ファブラボに来て起業の種を探すことができる。」

ファブラボ・ブータンは、マサチューセッツ工科大学や慶應大学、コペンハーゲン大学からの支援を受けてラボを開設する予定。MITはラボスタッフの専門技術の向上や機材の提供で協力し、コペンハーゲン大学は招聘プログラムを通じて研究者や学生の技能向上で協力する予定。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る