So-net無料ブログ作成
検索選択

労働市場の大きな課題 [ブータン]

15日から22日まで一時帰国しておりました。スマホの操作を誤り、その間ネットにほとんどつながらず、限られた滞在期間の中で目いっぱいの予定を入れていたので、自宅でPCの前に座ることもほとんどありませんでした。当然、その間にブータンで起こった出来事についても全くフォローしていません。本も読んでないので、とにかくブログ更新するネタもなく、また更新している時間もありませんでした。今、再び単身赴任生活に戻り、1週間分の新聞のまとめ読みを始めたところです。気になった記事は少しずつご紹介していきたいと思いますが、これから12月初旬まではいろいろ行事も立て込んでいるので、かなりゆっくりしたブログ更新になっていくかもしれません。

民間セクターの未発展が課題:世銀報告書
Bhutan’s private sector underdeveloped: WB
Kuensel、2016年11月17日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/bhutans-private-sector-underdeveloped-wb/

【ポイント】
世界銀行は16日、ティンプー市内で『ブータンの労働市場:全ての人が裨益する質の高い雇用の創出に向けて』と題した報告書を発表した。報告書は公的セクターの仕事が全体の20%を占め、非農業部門での雇用機会(労働者数の43%)のほぼ半数を占めるという現状を明らかにし、こうした状況は、公的セクターでの就業機会に過度に依存する求職者の需要と選好にもよるものだと指摘、この傾向は特に若者と高学歴者に強く、結果として彼らの高い失業率を招いている。

公的セクターでの就業は、比較的安定していて給与水準も高く、さらなる教育機会や社会保障プログラムへのアクセスにも恵まれている。このため、就業者の年齢層は比較的若く、高学歴で、生活水準も高く、都市部に住む人々の就業機会を提供している。公的セクターの被用者の48.3%は15歳から34歳までの年齢層に属する。55歳以上の被用者は5.5%。また、大卒の被用者の66%は公的セクターで就業機会を得ている。非農業民間セクターの雇用の52.4%、民間セクター(註:ママ。農業セクターの間違い?)の98.4%は地方での雇用だが、公的セクターでの就業機会の3分の2(67.4%)は都市部であった。

世界的に見れば、民間セクターこそが雇用創出のエンジンとなるべきであり、新規雇用の9割は民間で創出されている。世銀報告書は非農業民間セクターの発展こそが成長、開発、雇用創出の重要なエンジンであり、それによって企業の生産性向上や被用者の生活水準の向上、被用者の保護の進展にもつながると主張。

続きを読む


タグ:雇用 失業 世銀
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る