So-net無料ブログ作成

ブータン企業家週間 [ブータン]

誰がどう決めたか定かじゃないが、11月14日から20日まで、「世界企業家週間(Global Entrepreneur-ship Week)」に定められていて、世界中でそれにちなんだイベントが開かれたらしい。この期間は僕は日本に帰っていたので、ブータンがどうだったのかはよく知らない。でも、こちらに戻ってきてクエンセルのバックナンバーを読み込んでいて、やたらと「起業/企業家」に関する記事が掲載されていたのが気になった。1つひとつを取り上げていたら大変なので、今日はダイジェストでご紹介してみたいと思う。

志は高く持とう、もったいぶらずにいこう
Be ambitious, not pompous
Kuensel、2016年11月16 日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/be-ambitious-not-pompous/
世界企業家週間のオープニングを飾るパネルディスカッションに関する記事。政府系企業の持ち株会社であるドルック・ホールディングスのサンゲイ・カンドゥ委員長は、一夜にして金持ちになりたいと考えていては多くのビジネスの種がものにならない。国は企業家支援に不慣れで、民間セクターの信頼を損なってきたと指摘。政府は事業提案書の書き方等の訓練は行うが、銀行はプロジェクトファイナンスの仕組みを持っておらず、結局企業は融資を得られない状況に終わっている。一方で、企業家側もなんとか受けられれた融資で車を購入したりして事業実施を滞らせる。起業に本当に必要な資金の調達が問題だとカンドゥ委員長は指摘し、政府と銀行が資金供与のための信頼性の高い制度を構築することが必要だと述べている。

社会起業家の1人であるプシュパ・チェトリ氏も、資金調達の難しさを指摘。一方で、レキ・ドルジ経済大臣は、政府が事業機会情報センター(BoiC)や農村企業開発公社を設立し、起業支援融資目的のために21億ニュルタムを銀行に資金注入するなどの取組みを行っており、インフラ整備などの投資環境の整備が進めば、企業活動はより進めやすくなると主張した。この国の企業家にとって最も重要な取組み課題は、自身の企業活動に対する信頼を勝ち取り、事業の進捗を地道に示していくことだと記事は結んでいる。

これに続く記事は、11月17日付クエンセル1面に掲載された世銀の労働市場に関する報告書。これについては既に前回のブログ記事で紹介したので省略する。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る