So-net無料ブログ作成
検索選択

この道はいつか来た道 [ブータン]

上院、農業セクターへの不満を表明
NC unsatisfied with agricultural sector growth
Kuensel、2016年11月24日、MB Subba記者
http://www.kuenselonline.com/nc-unsatisfied-with-agricultural-sector-growth/

【ポイント】
23日、上院自然資源・環境委員会(NREC)は、「農業政策レビュー」と題した報告書を上院に提出、この中で、農業セクターを取り巻く課題と農業生産拡大に向けた提言を行った。農業セクターを取り巻く課題として、報告書は、農産品輸入の増加、農村における空き家(gungtong)の増加、各県から寄せられる耕作放棄地増加の報等を挙げている。上院は、これらは適切な農業政策や戦略の欠如か政策実施における様々な問題によるものだと指摘する。

現行第11次五カ年計画期間における農業セクターの成長率は0.85~2.41%で、これは第2次産業(3.06~12.48%)、第3次産業(0.3~15.21%)と比べて低く、五カ年計画が描いた、農村の繁栄と貧困削減を通じて公平な開発を実現しようとする意図を実現するには不十分。GDPに占める農業セクターのシェアは、24%(2004年)から16%(2013年)にまで低下している。

農業セクターは今日、総労働力の56.6%(192,281人)を吸収。農業セクターでは労働力不足が指摘されるのに、若者の失業率は高いというパラドックスに直面している。2004年、ブータンは穀物、野菜、果物、カルダモンを合わせて28万620トンを生産、これが2007年には41万9782トンにまで増加したが、その後は反転し、2014年は28万4616トンにまで低下してしまった。

農地は国土の総面積の2.93%。ブータン国土地理院(NLC)によれば、耕作可能な湿地(chuzhing)と乾燥地(kamzhing)は合せて44万8165エーカーあるが、うち実際に耕作に利用されているのは2014年時点でも16万9439エーカー、これは耕作可能地の37.8%に過ぎない。残る27万8726エーカーは使われていない。水田面積は4万6585エーカー(2004年)から4万8873エーカー(2014年)にまで増加。これは2時点間の比較では4.9%の増となっているが、2007年には6万7564エーカーにまで増加したものが減少に転じた結果となっている。

一方で、コメの生産は実査には5万4325トン(2004年)から7万7038トン(2014年)に増加している。これは、灌漑整備への投資や、コメの品種改良、農業機械化の結果だと、報告書は評価している。2013年時点で、ブータン国内の灌漑システムの総延長は2583km、うち92.4%が機能していることが確認されている。しかし、灌漑用水は天水依存度が高いというリスクを抱える。

続きを読む


タグ:農業 雇用
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る