So-net無料ブログ作成

2016年のGOOD-BAD-UGLY [ご挨拶]

毎年大みそかに書いているこのテーマですが、今年は思うところがあって、ブログではあまり詳らかにしないことにしました。ブータンにまいりましてから、自分の英語の勉強と時事ネタへのキャッチアップを兼ねて地元紙の記事の紹介をこのブログの中心に据えましたが、固定読者がつくにつれて匿名性が多少危うくなってきた気がします。ブータン人同様、ブータン好きの日本人のコミュニティはそれなりに狭いですので。

ですので、ブータンでの出来事についてはここではあまり触れません。今年1年を振り返ってみると、大きな出来事はブータン絡みのもの以外にもいくつかあるので、それを中心にご紹介したいと思います。

1.剣道五段合格
前回四段合格から4年が経過し、五段受験の権利が発生した今年4月、ブータン赴任の1週間前の昇段審査で一発合格を果たせたのは、自分にとっては今年最大の嬉しい出来事でした。ブータンに来てから剣道の稽古の相手がおりませんので、自宅での素振り程度しかできていません。もし四段のままで赴任してきていたら、たとえ一時帰国のタイミングとかで受験したとしても、決して容易には合格できなかっただろうと思います。また、そうした目的のために一時帰国をしなくても良くなったので、自分の行動選択の自由度が多少増したと思います。1年前の今頃は、先生方からも「かなり危ない」と言われ、自分自身でも自分の剣道がよくわからなくなっていた時期でした。そこから3カ月ちょっとで立て直して合格できたのは、やはり先生方や稽古仲間の皆さまのお陰だったと思います。本当にありがとうございました。

2016-12-31 5Dan.jpg
《審査会場の様子。よく受かったものだと改めて思う。》

2.英語論文の採用
これはブログでは一度もご紹介してなかったのですが、今年2月の英語で論文を書き、二度にわたり査読コメントにもとづく書き直しを強いられました。そのたびに何度もくじけそうになりました。特に、二度目の査読コメントは、「アカデミックな付加価値がない」との厳しいものでした。さんざん悩んだ挙句、10月のティンプー・ツェチュ(大祭)の期間中に4日間部屋にこもり、なんとか書き直しを済ませて再提出しました。この時はもうこれでダメと言われたら諦めようとすら思ったのですが、12月中旬になって「採用」との通知をいただきました。元々僕の専門でもないのに、「他にやれる人がいない」という理由でやらされた会議での発表内容に基づくもので、よくここまで来れたものだと思います。一方で、査読付きのジャーナルに2本論文を掲載するという大学院博士課程の縛りが相当に厳しいものであるというのを改めて痛感させられました。

3.日本語論文の採用
もう1つの嬉しい出来事は、こちらに来る前に所属していた部署で、25回にわたって続けてきた社員研修の講義の内容を、最後に文章化して、アカデミックな裏付けを付けて、日本語の論文に仕上げたことです。これは前の部署の仕事からようやく解放された4月になって、過労から2日ほど寝込んだ時に書き上げたもので、その後予期せぬ査読コメントへの対応もあったりして、最終的に採用されたのは8月1日のことでした。さらに嬉しかったのは、この論文を読んだ方から非常にポジティブなコメントをいただくことが二度あったことです。履歴書の論文目録に書ける実績を、今年だけで2つあげたというのは大きなことだと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道路建設の残土の処理 [ブータン]

不法な土砂処理に罰金
Contractors fined for illegal dumping of muck
Kuensel、2016年12月26日、Tashi Dema記者
http://www.kuenselonline.com/contractors-fined-for-illegal-dumping-of-muck/

2016-12-26 Kuensel.jpg
《道路拡張はいいが、この景観、なんとかならないものか…》

【ポイント】
ブムタン地方森林局は、東西ハイウェイの拡張工事を請け負っている施工業者3社に対し、総額100万ニュルタムを越える罰金を課した。

対象となったのはガルコン・インフラ、ドルック・ラエル建設、レイブン・ビルダーズの3社で、道路拡張工事で生じた土砂を分別することなく不法に投棄したとして、それぞれ32万7000ニュルタム、40万5000ニュルタム、30万ニュルタムの罰金を課せられた。

道路拡張工事により発生する土砂は、全国環境委員会(NEC)が2012年に制定(2016年に改正)した廃棄物管理規則に従い、森林局が指定した場所に投棄することになっているが、3社はこれを守らなかった。しかも、ガルコン社とレイブン社が罰金を課せられるのは今年に入って今回で二度目となる。この規則によると、トラック1台分当たり9000ニュルタムの罰金が適用される。

こうした事態が頻発するのは、単に施工業者のせいとも一概に言えないところもある。道路拡張工事実施中の道路封鎖時間を短縮して一般車両の通行を円滑に行うためには、土砂の除去作業を行うよりも、その土砂を道路下に押し流す方が早いからである。

トブゲイ首相によると、東西ハイウェイの道路拡張工事で最も難しい局面は脱しつつあるものの、政府としては施工業者の作業実態には重大な関心を持っており、施工基準に従って作業を行っていない業者に対しては契約打ち切り等の処分も行うべきだと道路局に対して伝えたという。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブータンにも汚職腐敗はあるらしい [ブータン]

情実、縁故主義が腐敗の典型例
Favouritism, nepotism, most prevalent forms of corruption in Bhutan
Kuensel、2016年12月22日、Thinley Zamgmo記者
http://www.kuenselonline.com/favouritism-nepotism-most-prevalent-forms-of-corruption-in-bhutan/

2016-12-21 BBS.jpg
《ブータン国営テレビHPより》

【ポイント】
ブータンのシンクタンク「ブータン・トランスペアレンシー・イニシアチブ(BTI)」は、21日、2016年版全国腐敗バロメーター調査(NCBS)の報告書を公表した。1200人から回答を集めた全国調査は、今回初めて実施されたもので、今後のBTI及び反腐敗委員会(ACC)の活動のベースラインとして位置付けられている。

この中で、この国で最も頻発する腐敗行為は採用や昇進、異動の際の情実加味や縁故主義であり、これに公金や公的施設の不正利用や不適切な動機に基づく意思決定の意図的遅延等が続くことが指摘されている。法制度の差別的で一律でない適用が腐敗の大きな原因を作っている。時間のかかる手続きやメディアのチェック機能の弱さ、被疑者に対する手厚い社会的保護も腐敗のはびこる環境をもたらしている。さらには、リーダーシップの欠如や規則・手続きに関する情報公開や透明性の欠如、説明責任制度の欠如なども腐敗を横行させる。

腐敗は特にトップの意思決定レベルに集中しており、末端での腐敗は少ないことも指摘されている。最も危機的と思われる発見は、25.32%もの回答者が腐敗は日常茶飯事であり、それが当たり前のものだと考えている点である。回答者が毎日直面している問題は、公的サービスへのアクセスにおいて、社会的なステータスに基づく差別が行われているという点だという。しかも、こうした差別行為は増加傾向にあると見られており、特に民主化以降腐敗傾向が強まっていると感じている回答者が全体の31.5%にも上ることがわかった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卓球の普及のために [ブータン]

逆境と闘う
Fighting against odds
Kuensel、2016年12月20日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/fighting-against-odds-2/

2016-12-20 Kuensel.jpg

【ポイント】
この記事自体は、ブータンで孤軍奮闘する女子卓球の第一人者、イシ・チョデンさん(24歳)にスポットを当てている。16日に行われた卓球の国内選手権において、イシ選手は準々決勝でジュニアの国内チャンピオンであるレキ・ドルジ選手と対戦して惜敗したが、男子が圧倒的に多いこの大会で、イシ選手の活躍は光った。

イシ選手が卓球を始めたのは7歳の時、2004年から2009年までは強化指定選手にも選ばれたが、その後エンジニアリング専攻のためにインドの大学に留学、留学中もインドで卓球にいそしんだ。

それでもブータンには女子卓球選手は少ない。16日の国内選手権に出場登録した選手35名のうち、女子はわずか6名、しかもうち3名のみが当日の試合に出場した。ブータン卓球連盟に派遣されている青年海外協力隊の三浦史香コーチによれば、ブータンでは卓球はまだまだ知名度が低く、女子選手が練習に参加するモチベーションにつながっていないという。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『マラソンマン』 [読書日記]

高木一馬は、負けず嫌いの小学3年生。その父・勝馬は、かつてはマラソンのトップ・ランナーだったが、今は酒とギャンブルの負け犬人生を送っている。そんな2人に、突然、離別の危機がおとずれた。父と子の絆と、過去の栄光をとりもどすため、勝馬は、ついに再起の道を歩みだす!幻のランナー、奇跡のカムバックなるか!?井上正治の情熱のマラソン・ストーリー、スタート!

10月末、第1巻を読んでから、ここまで約2カ月かけて全19巻を読み切った。この作品が週刊少年マガジン誌に連載されたのは1993年半ばで、僕は一念発起して出場した1992年12月の第20回ホノルルマラソンを走り終え、次の目標と定めていた、「30歳で伊良湖トライアスロン挑戦」という夢に向けて、準備を重ねていた頃のことだった。

当時は未だ独身だったし、残業が多い会社から転職して比較的時間の融通が利く会社に移った頃だったから、朝6時台で10kmを走ってから出勤するというのがいつものパターンで、月間走行距離は200kmを越え、しかも懸案だったオーシャンスイミングに向けて、プールでの練習も相当積んでいた。

当時の日本の陸上長距離界は、92年のバルセロナ五輪で男子は森下、女子は有森が銀メダルを獲得し、世界最強のマラソン王国と見られていた。東京マラソンが火をつけたランニングブームは今も健在だが、当時はこうした陸上長距離界の活況が市民のマラソン熱を引っ張っていたように思う。僕の場合は、26歳(1989年)の初秋、季節の変わり目で体調を崩して寝込んでいた時にテレビで見た伊良湖トライアスロンが自分のだらしなさを痛感させ、1991年の秋に始まった第1回東京シティマラソン(ハーフ)の募集が、具体的に大会出場を目標にして、走り込みを始めるきっかけだった。東京シティマラソンは申込みが間に合わなかったので、代わりに出た最初のマラソン大会が1992年1月のサンスポ千葉マリンマラソンだった。

当時はランニングの月刊誌は読み漁っていたし、そういった中で連載が始まった『ランニングマン』も、第1部の高木勝馬の復活劇から、第2部で大学生になっていた息子・一馬のライバルとしてY学院大学のロジェ・ミルバが登場するところまでは、少年マガジンで読んでいたように思う。僕がマガジンと縁を切るきっかけは1995年の結婚と海外赴任だったので、全19巻中、9巻から10巻あたりまでが、僕の記憶で辛うじて残っているギリギリのところだといえる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ティンプー・ランニングクラブ始動 [ブータン]

日本で暮らしている頃からランニングが趣味だったJICAブータン事務所の所長が、1人で走るのは寂しいからと、ランニング仲間への呼びかけを開始した。JICA事務所のFacebookページによると、毎週土曜日の朝7時、JICA事務所に集合し、そこから市内を1周する5km弱のコースで走るのだという。24日(土)、その第1回目の朝ランが行われ、8人の参加があった。

ThimphuRC.jpg

単に自分1人で走るのは寂しいから仲間が欲しかったというだけではなく、グループでのランニングが企画されたのにはいくつかの理由がある。

第1に、海抜2300~2400メートルのティンプーは、エチオピアの首都アジスアベバと同じ高地にあり、エチオピアから偉大なマラソンランナーを輩出できるのなら、ブータンからでも輩出できるに違いない。そのためにはブータンにランニング文化を根付かせて、多くのブータン人が走る環境を作っていくことが必要だという。その第一歩として、楽しそうに集団走行しているグループをアピールするのだとのこと。

第2に、朝1人で走っていると、まだ活動中の野良犬に吠えられたり、追いかけられたりすることもしばしばで、これがブータンで気軽に走り出すのを難しくしている。集団走行できれば、野良犬に対するけん制になる。野良犬がたむろしている危険ゾーンはだいたい特定できているので、そこさえ集団走行できれば、あとは安心して個別ペースで走ることができるという。

第3に、強いマラソンランナーの輩出云々だけではなく、ランナー人口を増やすことで、健康増進にもつながる。ブータン人の食生活は徐々に変化し、疾病構造もより生活習慣病へとシフトしつつある。生活習慣病の治療には時間も費用もかかるので、むしろそれをいかに予防するかが大切になる。ただでも医療費無料のブータンでは、市民はちょっと調子が悪ければすぐに病院に行くことができるため、医療従事者がてんてこ舞いしている。病院にかかる負担を軽減するには、普段の生活から適度な運動を取り入れることが必要。JICAはそのために学校での保健体育に協力隊員を派遣したりしてきているが、特にライフスタイルの変化が著しい都市部においては、ODAで何かやるというよりも、普段の生活の中での運動の実践を通じて、健康意識を根付かせようと考えられた。

第4に、1人だと照れもあってかなかなか行動に移せないことでも、グループだとノリでできてしまうことは多い。例えば、すれ違う歩行者への声かけ、それにゴミ拾い。2週前には祭日にして全国一斉ゴミ拾いが行われたのに、既に公道にはゴミが散乱している。そんな環境に、我慢がならなかったJICAの所長、第1回目の朝ランには、買い物ビニール袋を何枚か持参で現れた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ブータンの自然保護区の現状 [ブータン]

ブータンの公園の管理状況は良好
Bhutan’s parks in good state
Kuensel、2016年12月20日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/bhutans-parks-in-good-state/

【ポイント】
2016-12-20 ParkReport.jpg農業省が最近、ブータン国内10カ所の野生動物公園、及び王立植物園の状況に関するレポートを公表した。ブータン初の試みとなるこのレポートによれば、2016年の森林被覆率は70.59%であり、自然保護区の管理運営は適切に行われているとのこと。

このレポートは、国際自然保護連合(IUCN)の基準に基づいて導入されたブータン運営効率トラッキングツール(METT+)の成果となるもので、ブータンにおける自然保護区域の管理運営システムの1コンポーネントと位置付けられる。自然保護区域の運営状況は5年おきに評価が行われる予定。

また、このレポートは、自然保護区管理運営資金捻出のために新設されたBhutan for Life信託基金の成果計測に向けたベースラインデータを提供。

レポートの評価は、自然保護に対する理解度、全ての保護区の適切な設定、自然を脅かす脅威に対する適切な理解等の点で高く、運営効率は83%に達するとしている。一方で、成果に関するデータは不足しており、トラとユキヒョウという2動物の全国棲息実態調査のみが行われているのが現状。

また、レポートでは、その他の課題として、野生動物の不法取引ルート、気候変動、観光需要の増加、インフラ整備のインパクト等が指摘されている。

ブータンの自然保護区は国土の51.44%を占め、10の野生動物公園、王立植物園、それらを結ぶ7つの生物回廊から成る。2016年現在のブータン総人口は768,577人で、うち87%が再生可能な自然資源に依存している。推定で420,000人が自然保護区域内に居住するか、自然保護区域と定期的に接点を有する。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『みかづき』 [読書日記]

みかづき

みかづき

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/09/05
  • メディア: 単行本
内容紹介
「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」――昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師たちの物語が始まる。胸を打つ確かな感動。著者5年ぶり、渾身の大長編。
小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。
阿川佐和子氏「唸る。目を閉じる。そういえば、あの時代の日本人は、本当に一途だった」
北上次郎氏「圧倒された。この小説にはすべてがある」(「青春と読書」2016年9月号より)
中江有里氏「月の光に浮かび上がる理想と現実。真の教育を巡る人間模様に魅せられた」
驚嘆&絶賛の声、続々!昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。

「驚嘆&絶賛の声」に参加させて下さい。本当は週末読書は前回ご紹介した『X'mas Stories』に限定するつもりだったのだが、久し振りにジムでトレッドミルに乗るにあたって、1時間ゆっくり走りながら読める本ということで、土曜日に『みかづき』のKindle版を購入して読み始めたところ、日曜午後に続きを読み始めてそのままハマってしまい、日曜午後の予定をすべてキャンセルして読み続け、夜20時前にようやく読了した次第。それほどにのめり込む作品。

お話はほとんどが千葉県内、八千代、習志野、船橋、津田沼あたりで完結しているが、話のスケールは壮大である。ストーリーの始まりは昭和36年(1961年)。そこから、55年にもわたる長いお話であるが、実際には赤坂家の千明と父親との戦前のやり取りの回想シーンなども出てくるので、さらに20年近く長い。当然、その間に政府がその政策遂行の柱として教育制度をどのように捉え、どのようにそれを操作していったのかも描かれている。途中何が何だかわからなくなったが、それは僕自身がこの国の教育政策の変遷と、それが社会からどのように見られていたのかをしっかり知らないで読んでいるからそういう事態に陥るのである。

特に千明さんが何故そこまで文部省を敵視するのか、なぜそれが千明さんだけだったのか、同じ世代で教員をやっているような人は、同じように感じたりはして来なかったのか。また、千明さん絡みで言えば、吾郎さんが千明さんや事務室長の策謀により塾長を追われて退場する前と後で、千明さんの描かれ方に大きな変化が見られて戸惑った。吾郎さん目線で見た千明さんて、目が鋭すぎて鋭利な刃物みたいだったとあるが、吾郎さん退場の後、話が千明さん目線に移った途端、鋭利な刃物というよりは、きついオバサンという感じで捉えられてしまうようになった。この目線の変更には正直戸惑った。

続きを読む


タグ:千葉 森絵都
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『X'mas Stories』 [読書日記]

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井リョウ・あさのあつこ・伊坂幸太郎・恩田陸・白河三兎・三浦しをん
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/11/14
  • メディア: 文庫
内容紹介
もう枕元にサンタは来ないけど、この物語がクリスマスをもっと特別な1日にしてくれる――。6人の人気作家が腕を競って描いた6つの奇跡。自分がこの世に誕生した日を意識し続けるOL、イブに何の期待も抱いていない司法浪人生、そして、華やいだ東京の街にタイムスリップしてしまった武士……! ささやかな贈り物に、自分へのご褒美に。冬の夜に煌めくクリスマス・アンソロジー。

クリスマスがどうのこうの言える年齢では既にないし、とりわけクリスマスとは縁のない仏教国で12月25日を迎えようとしているわけなので、今年は特にケーキとも縁遠い。単身赴任だとささやかながらの家族との団欒もない。ましてや一番下の子供も中学に上がってしまった今となっては、プレゼントをせがまれることもなくなった。(そういうのは爺ちゃん婆ちゃんからもらえるお年玉だけにしておけということになる。)

こんなクリスマスを題材にしたアンソロジーを買って、一時帰国から戻ってきた理由は、ひとえに朝井リョウ君の作品が収録されているからであった。中身を確認せずに書店で購入してしまったので、こちらに持ってきて目次を読んでビックリしてしまった。ここに収録されている「逆算」って、今年9月に出た『何様』に収録されていた作品である。

こう書いてしまうとネタばらしになってしまうが、そういう意図ではないのでお許し下さい。この3カ月の間に、「逆算」を二度読んだことになるが、実は印象としては今回の方が良かった。世代の違いなのかもしれないが、朝井君の作品は、セックスへの言及が当たり前のように出てくる。そこは彼独特の表現で描かれが、実際の行為の描写がそんなにあるわけではなくても、それを主人公がどう捉えているのかは朝井作品にはありがちな描写だ。(だから、「水曜日の南階段はきれい」がかえって新鮮に感じるのだろう。そういう描写がないから。)

『何様』のように、『何者』に登場する人物を随所に配置したスピンオフ作品を並べられた著書の中では、作品の中の登場人物のほとんどが僕らの次の世代の人たちばかり、ややもすると自分の子供たちの世代の人たちの、親としては見たくない世界の話がこれでもかこれでもかと繰り返される。そんな作品群の中にポンと置かれると、「逆算」に対する印象も決して良くはなかった。同じような理由で、「水曜日の南階段~」も、初めて読んだ時と比べると、良くはなかったのである。単発で読んだ時はとても新鮮だったけど。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『スーパーサイエンススクール』 [仕事の小ネタ]

スーパーサイエンススクール―理系離れをくい止める新しい学校教育への挑戦 (チャートBOOKS)

スーパーサイエンススクール―理系離れをくい止める新しい学校教育への挑戦 (チャートBOOKS)

  • 作者: 井上徳之・毛利衛
  • 出版社/メーカー: 数研出版
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本
内容(「MARC」データベースより)
本当に理科嫌いはなくせるのか? そのためのスーパーサイエンスハイスクールとは? そこから波及する様々な活動とは? 学校と科学館、大学、研究所、企業、自治体、地域が連携し一体となって目指す科学教育モデルを紹介。

何の脈絡もなくいきなり何?―――と思われるかもしれないが、今週はこの本を読むのに数日費やした。先月日本に帰った時に、中古で買ってきた2003年発刊の古い本だ。昔高校時代にお世話になった「チャート式」の数研出版が出している本で、どこがチャートなのかはともかくとして、挿入写真や表が多いことは確かだ。

なぜ今さらこんな本を読む気になったかというと、こちらで教育行政に携わる政府の高官の方とお話した際、「日本のスーパーサイエンススクール(SSH)導入の経験について知りたい」と宿題をいただいたことが発端である。聞けば、ブータンでも、各県のセントラルスクールを中心に、理数科に力を入れるプレミア・スクールの養成構想があるらしい。日本のSSHを参考にしているが、それでも日本のSSHを見学したのはほんの数日間だけで、うわべだけをなぞって政策が策定されているふしがある。多分ブータン政府自身も、本当にこれでいいのか自信が持てないのだろう。だから、僕のような教育の専門家でもない人間にも、日本人だからというだけで訊いてくるのだろう。

信頼を得るためには、ちゃんと問いに答えて情報提供せねばと思い、日本にいらっしゃる教育の専門家の方に問い合わせてみた。そういう日本の経験をまとめた資料はあるというが、送ってもらった文献リストを見てみたら、科学技術振興機構(JST)のSSHに関するウェブページと、文科省の研究員が2015年に出した、SSHの成果に関するディスカッションペーパーのURLだった。それは僕自身もネットで検索して上位でヒットしたサイトばかりだったので、結局有用な情報は追加で得られなかった。何よりもがっかりだったのは、英語で書かれた文献がないことだった。

しょうがない、それなら手元にある資料だけで取りあえず自分で英文レポートを作ってみるか―――そう考えた時、今ある資料だけでは、2002年に同制度が施行された直後の指定校の対応ぶりについて、ミクロな部分では把握できないのが気になった。そこで、文献検索をしてみて、見つけたのが本日ご紹介の1冊である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る