So-net無料ブログ作成

国際障がい者デー記念式典に出てみて [ブータン]

国際障がい者デー式典開催
International Day of Persons with Disabilities observed
Kuensel、2016年12月5日、Thinley Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/international-day-of-persons-with-disabilities-observed/

【ポイント】
12月3日、ペマ王妃ご同席の下、国際障がい者デー記念式典がティンプーで開催された。主催はABS(Ability Bhutan Society)と保健省。王妃に加え、トブゲイ首相以下主要閣僚が同席、様々な障がいを持つブータン人も多数列席した。

2016-12-5 Kuensel.jpg

式典は「私たちが望む未来のためのSDGs17目標の達成に向けて」と題し、ABS理事長の冒頭挨拶でも、インクルーシブで様々なサービスへのアクセスが可能な社会の実現の必要性や、障がい者とその家族のスティグマの解消、差別の解消等が強調された。

ABSや日本のNGO佛子園は、他の障がい者団体とも共同で全国7県での障がい者実態調査を実施。それによると、住民の6.3%が何らかの障がいを抱えており、最も多いのは聴覚障がい者で、これに肢体障がい者と知的障がい者が続くことが明らかになったという。

ABS理事長の挨拶に続き、障がい者代表2名が自身の生活の実態について紹介。続いてパロの聾学校ワンセル・インスティテュートがオーストラリアボランティアの協力を得て制作したゾンカ語手話独習用DVDのローンチが行われた。さらに、保健大臣スピーチ、WHO東南アジア地域事務所代表メッセージの代読、最後に、クエンセル記事では言及がないものの、JICAブータン事務所長のスピーチも行われた。

続きを読む


メッセージを送る