So-net無料ブログ作成

全国一斉ゴミ拾いの日 [ブータン]

ゴミ処理ルールと罰則の厳格適用、今日から
Stern enforcement of waste management rules and penalties from today
Kuensel、2016年12月10日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/stern-enforcement-of-waste-management-rules-and-penalties-from-today/

2016-12-10 Kuensel01.jpg

9月中頃からだったか、トブゲイ首相が頻繁に自宅近所のゴミ拾いをやってる話をFacebookページにアップし始めた。首相官邸からご自宅のあるタバ地区までの道すがら、時々拾っておられるご様子。まあ、うがった見方をすると、11月4日の北ティンプー選挙区での下院補欠選挙に向けたアピールということもあったのかもしれないが、ひょっとしたら、12月9日に向けた布石だったのかもしれないとも思う。

当地では12月9日、現国王の戴冠10周年となった。それを祝福するため、政府は12月2日、この日を全国一斉清掃日に指定し、急遽祭日扱いにすることを発表した。ブータンではこの手の祭日が非常に多いが、今年は特に多い気がする。あまり職場を休みにすると仕事やってないと疑われるので、9日はうちの職場は休みにならず、代わりに午後業務を中断して、事務所周辺のゴミ拾いと排水路のどぶさらいをやった。

こういうのを全国一斉にやってのけるブータンも凄い。お隣りのインドとは違い、ゴミを拾うのに特段の躊躇もないから、本当に全員でゴミ拾いをやるのである。インドやネパールの汚さを知っているだけに、僕はブータンの町並みはまださほどゴミでどうこうというほどではないと思っているが、少ないからなおのこと清掃など1人ひとりのちょっとの努力でできてしまうところがある。

クエンセルの記事によると、この日1日だけでティンプー市内で回収されたゴミの量はトラック65台分、195トンにも上ったらしい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る