So-net無料ブログ作成

『スーパーサイエンススクール』 [仕事の小ネタ]

スーパーサイエンススクール―理系離れをくい止める新しい学校教育への挑戦 (チャートBOOKS)

スーパーサイエンススクール―理系離れをくい止める新しい学校教育への挑戦 (チャートBOOKS)

  • 作者: 井上徳之・毛利衛
  • 出版社/メーカー: 数研出版
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本
内容(「MARC」データベースより)
本当に理科嫌いはなくせるのか? そのためのスーパーサイエンスハイスクールとは? そこから波及する様々な活動とは? 学校と科学館、大学、研究所、企業、自治体、地域が連携し一体となって目指す科学教育モデルを紹介。

何の脈絡もなくいきなり何?―――と思われるかもしれないが、今週はこの本を読むのに数日費やした。先月日本に帰った時に、中古で買ってきた2003年発刊の古い本だ。昔高校時代にお世話になった「チャート式」の数研出版が出している本で、どこがチャートなのかはともかくとして、挿入写真や表が多いことは確かだ。

なぜ今さらこんな本を読む気になったかというと、こちらで教育行政に携わる政府の高官の方とお話した際、「日本のスーパーサイエンススクール(SSH)導入の経験について知りたい」と宿題をいただいたことが発端である。聞けば、ブータンでも、各県のセントラルスクールを中心に、理数科に力を入れるプレミア・スクールの養成構想があるらしい。日本のSSHを参考にしているが、それでも日本のSSHを見学したのはほんの数日間だけで、うわべだけをなぞって政策が策定されているふしがある。多分ブータン政府自身も、本当にこれでいいのか自信が持てないのだろう。だから、僕のような教育の専門家でもない人間にも、日本人だからというだけで訊いてくるのだろう。

信頼を得るためには、ちゃんと問いに答えて情報提供せねばと思い、日本にいらっしゃる教育の専門家の方に問い合わせてみた。そういう日本の経験をまとめた資料はあるというが、送ってもらった文献リストを見てみたら、科学技術振興機構(JST)のSSHに関するウェブページと、文科省の研究員が2015年に出した、SSHの成果に関するディスカッションペーパーのURLだった。それは僕自身もネットで検索して上位でヒットしたサイトばかりだったので、結局有用な情報は追加で得られなかった。何よりもがっかりだったのは、英語で書かれた文献がないことだった。

しょうがない、それなら手元にある資料だけで取りあえず自分で英文レポートを作ってみるか―――そう考えた時、今ある資料だけでは、2002年に同制度が施行された直後の指定校の対応ぶりについて、ミクロな部分では把握できないのが気になった。そこで、文献検索をしてみて、見つけたのが本日ご紹介の1冊である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る