So-net無料ブログ作成

ブータンの自然保護区の現状 [ブータン]

ブータンの公園の管理状況は良好
Bhutan’s parks in good state
Kuensel、2016年12月20日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/bhutans-parks-in-good-state/

【ポイント】
2016-12-20 ParkReport.jpg農業省が最近、ブータン国内10カ所の野生動物公園、及び王立植物園の状況に関するレポートを公表した。ブータン初の試みとなるこのレポートによれば、2016年の森林被覆率は70.59%であり、自然保護区の管理運営は適切に行われているとのこと。

このレポートは、国際自然保護連合(IUCN)の基準に基づいて導入されたブータン運営効率トラッキングツール(METT+)の成果となるもので、ブータンにおける自然保護区域の管理運営システムの1コンポーネントと位置付けられる。自然保護区域の運営状況は5年おきに評価が行われる予定。

また、このレポートは、自然保護区管理運営資金捻出のために新設されたBhutan for Life信託基金の成果計測に向けたベースラインデータを提供。

レポートの評価は、自然保護に対する理解度、全ての保護区の適切な設定、自然を脅かす脅威に対する適切な理解等の点で高く、運営効率は83%に達するとしている。一方で、成果に関するデータは不足しており、トラとユキヒョウという2動物の全国棲息実態調査のみが行われているのが現状。

また、レポートでは、その他の課題として、野生動物の不法取引ルート、気候変動、観光需要の増加、インフラ整備のインパクト等が指摘されている。

ブータンの自然保護区は国土の51.44%を占め、10の野生動物公園、王立植物園、それらを結ぶ7つの生物回廊から成る。2016年現在のブータン総人口は768,577人で、うち87%が再生可能な自然資源に依存している。推定で420,000人が自然保護区域内に居住するか、自然保護区域と定期的に接点を有する。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る