So-net無料ブログ作成

ブータンにも汚職腐敗はあるらしい [ブータン]

情実、縁故主義が腐敗の典型例
Favouritism, nepotism, most prevalent forms of corruption in Bhutan
Kuensel、2016年12月22日、Thinley Zamgmo記者
http://www.kuenselonline.com/favouritism-nepotism-most-prevalent-forms-of-corruption-in-bhutan/

2016-12-21 BBS.jpg
《ブータン国営テレビHPより》

【ポイント】
ブータンのシンクタンク「ブータン・トランスペアレンシー・イニシアチブ(BTI)」は、21日、2016年版全国腐敗バロメーター調査(NCBS)の報告書を公表した。1200人から回答を集めた全国調査は、今回初めて実施されたもので、今後のBTI及び反腐敗委員会(ACC)の活動のベースラインとして位置付けられている。

この中で、この国で最も頻発する腐敗行為は採用や昇進、異動の際の情実加味や縁故主義であり、これに公金や公的施設の不正利用や不適切な動機に基づく意思決定の意図的遅延等が続くことが指摘されている。法制度の差別的で一律でない適用が腐敗の大きな原因を作っている。時間のかかる手続きやメディアのチェック機能の弱さ、被疑者に対する手厚い社会的保護も腐敗のはびこる環境をもたらしている。さらには、リーダーシップの欠如や規則・手続きに関する情報公開や透明性の欠如、説明責任制度の欠如なども腐敗を横行させる。

腐敗は特にトップの意思決定レベルに集中しており、末端での腐敗は少ないことも指摘されている。最も危機的と思われる発見は、25.32%もの回答者が腐敗は日常茶飯事であり、それが当たり前のものだと考えている点である。回答者が毎日直面している問題は、公的サービスへのアクセスにおいて、社会的なステータスに基づく差別が行われているという点だという。しかも、こうした差別行為は増加傾向にあると見られており、特に民主化以降腐敗傾向が強まっていると感じている回答者が全体の31.5%にも上ることがわかった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る