So-net無料ブログ作成

道路建設の残土の処理 [ブータン]

不法な土砂処理に罰金
Contractors fined for illegal dumping of muck
Kuensel、2016年12月26日、Tashi Dema記者
http://www.kuenselonline.com/contractors-fined-for-illegal-dumping-of-muck/

2016-12-26 Kuensel.jpg
《道路拡張はいいが、この景観、なんとかならないものか…》

【ポイント】
ブムタン地方森林局は、東西ハイウェイの拡張工事を請け負っている施工業者3社に対し、総額100万ニュルタムを越える罰金を課した。

対象となったのはガルコン・インフラ、ドルック・ラエル建設、レイブン・ビルダーズの3社で、道路拡張工事で生じた土砂を分別することなく不法に投棄したとして、それぞれ32万7000ニュルタム、40万5000ニュルタム、30万ニュルタムの罰金を課せられた。

道路拡張工事により発生する土砂は、全国環境委員会(NEC)が2012年に制定(2016年に改正)した廃棄物管理規則に従い、森林局が指定した場所に投棄することになっているが、3社はこれを守らなかった。しかも、ガルコン社とレイブン社が罰金を課せられるのは今年に入って今回で二度目となる。この規則によると、トラック1台分当たり9000ニュルタムの罰金が適用される。

こうした事態が頻発するのは、単に施工業者のせいとも一概に言えないところもある。道路拡張工事実施中の道路封鎖時間を短縮して一般車両の通行を円滑に行うためには、土砂の除去作業を行うよりも、その土砂を道路下に押し流す方が早いからである。

トブゲイ首相によると、東西ハイウェイの道路拡張工事で最も難しい局面は脱しつつあるものの、政府としては施工業者の作業実態には重大な関心を持っており、施工基準に従って作業を行っていない業者に対しては契約打ち切り等の処分も行うべきだと道路局に対して伝えたという。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る