So-net無料ブログ作成

2016年のGOOD-BAD-UGLY [ご挨拶]

毎年大みそかに書いているこのテーマですが、今年は思うところがあって、ブログではあまり詳らかにしないことにしました。ブータンにまいりましてから、自分の英語の勉強と時事ネタへのキャッチアップを兼ねて地元紙の記事の紹介をこのブログの中心に据えましたが、固定読者がつくにつれて匿名性が多少危うくなってきた気がします。ブータン人同様、ブータン好きの日本人のコミュニティはそれなりに狭いですので。

ですので、ブータンでの出来事についてはここではあまり触れません。今年1年を振り返ってみると、大きな出来事はブータン絡みのもの以外にもいくつかあるので、それを中心にご紹介したいと思います。

1.剣道五段合格
前回四段合格から4年が経過し、五段受験の権利が発生した今年4月、ブータン赴任の1週間前の昇段審査で一発合格を果たせたのは、自分にとっては今年最大の嬉しい出来事でした。ブータンに来てから剣道の稽古の相手がおりませんので、自宅での素振り程度しかできていません。もし四段のままで赴任してきていたら、たとえ一時帰国のタイミングとかで受験したとしても、決して容易には合格できなかっただろうと思います。また、そうした目的のために一時帰国をしなくても良くなったので、自分の行動選択の自由度が多少増したと思います。1年前の今頃は、先生方からも「かなり危ない」と言われ、自分自身でも自分の剣道がよくわからなくなっていた時期でした。そこから3カ月ちょっとで立て直して合格できたのは、やはり先生方や稽古仲間の皆さまのお陰だったと思います。本当にありがとうございました。

2016-12-31 5Dan.jpg
《審査会場の様子。よく受かったものだと改めて思う。》

2.英語論文の採用
これはブログでは一度もご紹介してなかったのですが、今年2月の英語で論文を書き、二度にわたり査読コメントにもとづく書き直しを強いられました。そのたびに何度もくじけそうになりました。特に、二度目の査読コメントは、「アカデミックな付加価値がない」との厳しいものでした。さんざん悩んだ挙句、10月のティンプー・ツェチュ(大祭)の期間中に4日間部屋にこもり、なんとか書き直しを済ませて再提出しました。この時はもうこれでダメと言われたら諦めようとすら思ったのですが、12月中旬になって「採用」との通知をいただきました。元々僕の専門でもないのに、「他にやれる人がいない」という理由でやらされた会議での発表内容に基づくもので、よくここまで来れたものだと思います。一方で、査読付きのジャーナルに2本論文を掲載するという大学院博士課程の縛りが相当に厳しいものであるというのを改めて痛感させられました。

3.日本語論文の採用
もう1つの嬉しい出来事は、こちらに来る前に所属していた部署で、25回にわたって続けてきた社員研修の講義の内容を、最後に文章化して、アカデミックな裏付けを付けて、日本語の論文に仕上げたことです。これは前の部署の仕事からようやく解放された4月になって、過労から2日ほど寝込んだ時に書き上げたもので、その後予期せぬ査読コメントへの対応もあったりして、最終的に採用されたのは8月1日のことでした。さらに嬉しかったのは、この論文を読んだ方から非常にポジティブなコメントをいただくことが二度あったことです。履歴書の論文目録に書ける実績を、今年だけで2つあげたというのは大きなことだと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る