So-net無料ブログ作成
検索選択

才能競争力指数での低評価 [ブータン]

グローバル才能競争力指数で118カ国中98位
Bhutan ranked 98 out of 118 on global talent competitiveness index
Kuensel、2017年1月24日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-ranked-98-out-of-118-on-global-talent-competitiveness-index/

【全訳】
2017-GLOBAL-TALENT-COMPETITIVENESS-INDEX.pngブータンは、大学院ビジネススクールINSEADがまとめた2017年版グローバル才能競争力指数で、118カ国中98位にランクされた。

世界各国が、競争力強化、イノベーション、経済成長に貢献できる労働者を育成し、より良い人材を惹きつけるために競争している中、INSEAD報告書は、政府、企業、その他のステークホルダーには、教育、雇用、外国人受入れなどの分野でよりよい政策を策定し、実施していくのに役立つ、数値指標が必要となる。グローバル才能競争力指数の目的はここにある。

ブータンはいくつかの指数では比較的高い評価を得ているものの、他については課題も多い。

例えば、人材育成に向けた環境の面では118カ国中47位だが、才能を持つ人材にとっての魅力度という点では97位にとどまる。才能の育成と職業技能の提供という点では108位と低評価、才能を引き留めるという点では82位、グローバルな知識創出スキルでは下から2位という低評価となっている。

これは全世界でのランクとなるが、中央・南アジア地域の中ではブータンは第5位、SAARC地域(南アジア)では第1位である。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二国間でトラックが自由に往来すると・・・ [ブータン]

インドの運輸業者が国内で活動している
Indian trucks operating in Bhutan: Truckers
Kuensel、2017年1月21日、MB Subba記者
http://www.kuenselonline.com/indian-trucks-operating-in-bhutan-truckers/

【ポイント】
インド登録のトラックによるブータン領内2地点での貨物の積卸しが日常化している。昨年からバングラデシュ・ブータン・インド・ネパール四カ国車両相互乗り入れ協定(BBIN)批准が政策上の大きな懸案となっているが、トラック業界が表明してきた懸念が既に現実化している実態が記事では指摘されている。

ブータントラック業協会によれば、インドのトラックが南東部ペマガツェル県ナンラムから南部ゴムトゥ、ゲレフ、プンツォリンへと石炭や鉄滓を輸送しているという。同様に、南東部サムドゥップジョンカル県から国境沿いの工業都市に原材料を運搬するトラックにも、インドナンバーが多く、ブータン国内の運輸業者の仕事を奪っていると指摘されている。これらの都市間の移動は、いったんインドに出てインド国内の道路を使用する方が効率的。

現行の二国間協定では、インド登録の貨物輸送車両は、インドからブータンに貨物を輸送することのみを想定しており、こうしたインド領内を経由して輸送されるケースは灰色の領域となっている。ブータントラック業協会は、インド登録のトラックがブータン国内で積載することは認められないと主張。

これに加えて、ブータンのトラック運転手や運輸業者がインド領内で受けるハラスメント(違法な手数料の支払い請求や寄付の強要)や、インド人に売却されたブータン登録トラックが、登録変更なしでブータンナンバーのまま運行している実態も懸念されている。

政府はBBIN施行に伴うこうした個別の懸案事項にも考慮し、次の国会会期中に上下院合同審議により批准可決につなげたい意向。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『本当の強さとは何か』 [読書日記]

本当の強さとは何か

本当の強さとは何か

  • 作者: 増田俊也X中井祐樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
格闘技界最大レジェンドの「真の強さ」に、大宅賞作家が肉薄する最強本! 柔道と柔術を極めた伝説の格闘家と、木村政彦の遺志を伝え続ける作家による最強対談。相手の反則により、24歳で片目失明により総合格闘家を引退するも、数年後には柔術家として復活。日本柔術界トップとして多くの弟子を育てている中井の「強さ」の神髄に増田が迫る。二人が共に汗を流した、七帝柔道(北大)の秘話も満載!

先日の『VTJ前夜の中井祐樹』ご紹介の際に書かなかったが、僕の友人で世代的には既に40代を間違いなく迎えているのに、今も総合格闘技の試合に出ている人がいる。なんで中高年になっても格闘技が続けられるのか、それが剣道や合気道だったらわかるのだが、総合となるとキックやパンチが飛んでくるんだろうから、相当な覚悟がいると思う。友人といっても今はお互い異国に住んでいるので接点は多くはないが、最近Facebookでシェアされた映像を見ていると、MMA(混合格闘技)用のマットで、時にパンチグローブやキック用のパッドを付けて練習していたり、かと思うと柔道に似た道着を着用して寝技の練習をしていたりする。「総合」というからにはどんな格闘技にも対応できる幅の広いテクニックが求められるのだろう。

さて、本日ご紹介の本は、先日の『VTJ前夜の中井祐樹』のバーリトゥード・ジャパン・オープン95の惨劇から後の中井祐樹の歩みを垣間見ることができる1冊である。また、ある意味では、『七帝柔道記』以降の増田俊也の歩みを知ることのできる1冊ともいうことができる。

本書の前書きで、増田は「対談しているときから感じてはいたが、こうして活字になると、中井の言葉の切れ味の凄みはあらゆる人生啓蒙書を圧倒している。(中略)私としてはそういった専門誌で語っている言葉を少しレベルを落として一般向けに語ってくれればと思っていたが、実際には中井は格闘技雑誌にさえ語っていない厳しい言葉を、核心をついて語っている」と書いている。上記の書籍紹介にも、「中井の「強さ」の神髄に増田が迫る」とある。

この言葉を鵜呑みにして読み始めると、冒頭から随分と戸惑いを感じる。対談となっているが、全体の7~8割は増田がしゃべっている。中井が寡黙だというのもあるのかもしれないが、増田の問いかけが「俺は~~だと思うんだけど違うか」ってな自分の持つ仮説を先ず述べて、それに対して中井の同意を求めるパターンがだいたい決まっている。中井が「そうですね」と短く答えるセリフが頻繁に出てくる。中井の生の言葉の切れ味がどうこうって、そもそも中井の言葉を引き出せていない。むしろ、増田が持つ「中井祐樹」観、あるいは格闘技観等を確認、実証している1冊となっている気がする。だからといって、本書が読む価値がないとは全く思わないが。

1995年のVTJで右目を失明してからの中井祐樹の歩みを知ることができたこと、それと、中高年になっても総合格闘技の試合に出場している僕の知人がなぜそれができるのか、その理由を垣間見ることができたことが本書の収穫だといえる。なお、増田はパラエストラをWindowsに例えているが、僕はむしろiPhoneのオープンソースに似てるかなという気がした。全国各地にパラエストラの道場ができ、各々がその技術を磨いて独自の発展を遂げ、それが短期間で普及してしまうというのも、ブラジリアン柔術のオープンソースの性格を如実に示しているようで面白かった。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Qちゃん来訪、マラソン王国への課題 [ブータン]

オリンピック・メダリスト、ブータン選手に可能性を見い出す
Former Olympic medallist sees potential in Bhutanese runners
Kuensel、2017年1月16日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/former-olympic-medallist-sees-potential-in-bhutanese-runners/

2017-1-16 Kuensel.jpg

【ポイント】
JICAオフィシャルサポーターとしてブータン訪問中の高橋尚子さんが、15日、ブータンアマチュア陸上競技連盟(BAAF)の冬期トレーニングキャンプを視察。このキャンプは、全国20県から選抜された12歳から17歳の陸上選手約50名の合同合宿で、この中からさらに選抜された6名が、1月下旬日本を訪問予定。

視察中、本紙のインタビューに応じた高橋氏は、ブータンの海抜や澄んだ空気は陸上中長距離の選手育成には最適の条件だと評価する一方、選手のモチベーションの持続や練習環境の整備には課題もあることを指摘。オリンピックを目指すにはより手前にいくつか目標とする大会を設定して徐々に能力アップを図っていくといった個人レベルの取組みに加え、指導者側にも、他の選手と交流・競争し、自己記録の進歩を確認できる合同記録会や競技会のより頻繁な開催等の環境整備が必要だと指摘した。

高橋氏も、金メダルを獲得した2000年シドニー五輪の3年半前は未だマラソン自体を走ったことがない状態だったとの自身の経験を語り、今からでも遅くはないとキャンプに参加した選手を激励した。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

『VTJ前夜の中井祐樹』 [読書日記]

VTJ前夜の中井祐樹

VTJ前夜の中井祐樹

  • 作者: 増田俊也
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2014/12/24
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
格闘技史に残る伝説の大会を軸に、北大柔道部の濃密な人間関係を詩情豊かに謳いあげた『VTJ前夜の中井祐樹』。天才柔道家・古賀稔彦を8年かけて背負い投げで屠った堀越英範の生き様を描いた『超二流と呼ばれた柔道家』。さらに、ヒクソン・グレイシー、東孝、猪熊功、木村政彦ら、生者と死者が交錯する不思議な一夜の幻想譚『死者たちとの夜』。巻末に北大柔道部対談を併録。人間の生きる意味を問い続ける作家、増田俊也の原点となる傑作ノンフィクション集。

今から3年前、このブログで『七帝柔道記』をご紹介した時、「本書は著者の大学2年目の7月までしか描かれていないが、その後の著者がどうなっていったのか、登場した人々がその後どうなったのかについては全く言及がない」と僕は述べている。また、「寝技中心の柔道―――もし七帝柔道出身者がその後プロレスの門を叩いたら、「関節技の鬼」藤原喜明や、当時新日本プロレスが招聘していた旧ソ連のサンボ出身のレスラー達とも相当いい勝負をしていたに違いない。立ち技中心の格闘技と違い、絞め技や関節技は地味でわかりにくく、面白くないのかもしれないが、当時は既に関節技やガチンコ勝負に関心も集まり始めていたので、旧帝大出身のプロレスラーも注目を集めていたことだろう」とも書いていた。

僕の不明を恥じた。著者増田俊也の3期後の副主将に、その後総合格闘技に進んだ中井祐樹がいたことを、その時にはあまり知らなかった。しかも、著者はその後もこの「七帝柔道サーガ」とも呼べる人間模様を、様々な形で描き続けていた。著者の在学中、北大は念願だった七帝戦最下位脱出を著者4年目の代で果たし、それから3年後、久々の七帝戦優勝を勝ち取る。中井はその年の副主将で、七帝戦優勝を機に北大を中退し、佐山聡(初代タイガーマスク)が立ち上げた「シューティング」の門を叩いている。プロシューターとしては短命に終わってしまうが、日本の格闘界に与えたインパクトは非常に大きかったらしい。

僕は中井がジェラルド・ゴルドーと対戦してゴルドーのサミングによって右目を失明する事態に陥りながらも勝利し、決勝で当時最強と言われたヒクソン・グレイシーと対戦するに至った「バーリ・トゥード・ジャパン・オープン95」というのを、僕は覚えていない。結婚の準備に忙しかった頃だし、それ以前に当時それほど総合格闘技というものに興味もなかったので、注目して見ていなかったのだろう。僕が総合格闘技を見始めたのは、2003年末に須藤元気がバタービーンを下したK1-Dynamiteの1戦からなので、約10年くらいのブランクがある。その間にどのような出来事があったのかは、本書を読むまで知らなかった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

全国教育会議の結果 [ブータン]

既報の通りで、1月9日から12日まで、南部の都市プンツォリンで、全国教育会議というのが開催された。教育大臣を筆頭に、教育省関係者、学校関係者等が集まり、幾つかの議題について審議を行った。最終日にはトブゲイ首相も駆けつけた。クエンセルでは連日この会議の決議内容についてトップで報じていた。その他に関連イベントの些細な報道もなされていたが、今日は1面で報じられた会議の結果をご紹介してみたいと思う。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

学期期間変更案、承認
Change in academic session endorsed
Kuensel、2017年1月10日、Tempa Wangdi記者
http://www.kuenselonline.com/change-in-academic-session-endorsed/
【ポイント】
冬休みを期間短縮し、夏休みを長くする案が承認され、この冬休み明けから適用されることになった。教員は2月1日、生徒は2月3日に登校することになる(冬休みは12月18日から始まっている)。但し、高地であるメラ、サクテン、ラヤ、リンシー等は変更なし。冬場の通学が難しい高地では、3月ないし4月に新学期入りし、11月中旬まで開校する。

ゾンカ語、主要科目に復帰
Dzongkha reinstated as a main subject
Kuensel、2017年1月11日、Tempa Wangdi記者
http://www.kuenselonline.com/dzongkha-reinstated-as-a-main-subject/
【ポイント】
ゾンカ語はPP(Pre-Primary)からクラス12までの各学年での昇級試験の必須合格科目として再認定される。これに合格しないと、次の学年に進めない。また、環境教育はPPからクラス3までの間、ゾンカ語と英語の教科に統合される。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『武曲』 [読書日記]

武曲 (文春文庫)

武曲 (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/03/10
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
羽田融はヒップホップに夢中な北鎌倉学院高校二年生。矢田部研吾はアルコール依存症で失職、今は警備員をしながら同校剣道部のコーチを務める。友人に道場に引っ張られ、渋々竹刀を握った融の姿に、研吾は「殺人刀」の遣い手と懼れられた父・将造と同じ天性の剣士を見た。剣豪小説の新時代を切り拓いた傑作。

先週の今頃、雑誌Numberのウェブ版で本書が紹介されているのを見て、週末読書で読んじまおうと思って電子書籍版を早速購入、読み始めた。文庫版でも490頁もある大作であること、加えて作品に硬派感を出すためかやたらと画数の多い漢字を多用していて、読んでてゴツゴツ躓くことも多く、意外と読み進めるのに時間がかかってしまった。一気読みというわけにはいかなかった。

あらすじはNumberのウェブ版の書評をご覧いただければなんとなくイメージできるのではないかと思う。また、この作品は今年6月に綾野剛、村上虹郎主演で映画化されるらしいので、その作品紹介動画でもイメージしやすいのではないかと思う。
http://number.bunshun.jp/articles/-/827176



さて、肝心の中身であるが、難解な漢字表記、剣道で使われている四字熟語を多用していて、かなり硬派な内容になっている。また、編集者もおそらくそれが作品世界を表現する最適な道だと認めて、難しい漢字も敢えてそのまま載せているのだろう。これだけ硬派な仕上がりにしても、コアな読者は必ずついてくるだろうという強い確信があってのことだろう。

続きを読む


タグ:剣道
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

経済開発政策の改定 [ブータン]

形勢を変える新経済開発政策の36項目
36 game-changers in the new EDP
Kuensel、2017年1月9日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/36-game-changers-in-the-new-edp/

【ポイント】
12月21日に閣議決定された改定経済開発政策(EDP)ペーパーについて、1月9日付クエンセル一面にて紹介されている。EDPはブータンの経済成長率を年率10%の高率で維持し、2020年までに中所得国入りするとの目標を掲げており、特に国王が述べた「5つの宝石」―――水力、農業、中小企業、観光、鉱業の振興を通じたマクロ経済改革のメニューをリストアップしている。改定EDPには計252の政策が列挙され、「5つの宝石」の刺激策として、36項目の「Game-changers」が含まれる。改定EDPは、財務省が別途策定中の新財政刺激政策とともに、1月中には公表される予定。

記事では36項目の中に含まれる政策の一部も紹介されており、鉱業部門では、大中規模鉱山の所有権を100%単独民間人が保有することの禁止、観光部門では、観光者の支払うロイヤルティを観光インフラ整備にイヤマークすること等が挙げられている。貿易投資部門では、2019年までにビジネス環境ランク(Doing Business)を50位に引き上げるため、行政手続きの緩和やオンラインでのワンストップサービス、企業家育成のための内外ネットワーク促進のための新組織の設立、法制の見直し等が挙がっている。

水力発電では、国内施工業者やメーカーの最大限の裨益を保証するため、水力発電所建設事業実施中の国内業者優遇措置を設けるとしている。外国の施工業者が地元企業に対して技術技能を移転する措置も必須とされる見込み。EDPでは、ブータン自身が水力発電のナレッジセンターとしてのイメージを確立できるよう各種施策に取り組むとされている。同様に建設部門でも、地元施工業者の育成と、人材不足を想定した機械化の進展を目指すとされる。

工業部門については、地方政府が産業振興地域を2017年末までに特定するとされる。産業振興、農地、商業地域というように土地利用計画策定とゾーニングが行われる。

前回EDPは2010年改定で、その実施項目の80%がこれまでに実施済みで改定の対象となっている。EDPは経済省主導でまとめられたもの。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全国教育会議に見る教育制度の課題 [ブータン]

全国教育会議、来週開催
National education conference next week
Kuensel、2017年1月5日、Tempa Wangdi記者
http://www.kuenselonline.com/national-education-conference-next-week/

2017-1-9 NationalEductionConference.jpg
2017-1-9 NationalEducationConference02.jpg
《ブータン政府HPより》

【ポイント】
1月9日から12日まで、南部の都市プンツォリンにおいて、全国教育会議が開催される。教育行政関係者、学校校長、教員、教育省やブータン学校試験評価評議会(BCSEA)、王立教育評議会(REC)の代表から成る約170名が会議に参加し、教育制度にまつわる様々な課題について議論する。

その中の1つは、クラス3(日本の小学校4年相当)における全国統一試験の廃止と、クラス6(日本の中学校1年相当)の統一試験の県(Dzongkhag)レベルへの移管である。但し、BCSEAはクラス6の統一試験の制作を引き続き請け負い、試験結果の評価については各県が責任を持つことが提案されている。

また、会議では、国際学習到達度調査(PISA)の導入の可否や、クラス3以下のクラスでのゾンカ語の必修科目化とゾンカ語専門教員の配置(従来は一般教員が複数科目をカバーしてきた)、1教員1教科制への移行、学校教員の昇進制度等も議論される。

プレミアスクールの開設も議題の1つ。但し、教育省高官によると、プレミアスクールはすぐには開設されず、2018年の開設に向けて準備を進めるとのこと。

その他、会議では教育省がセントラルスクール制度のレビュー結果について報告し、それに基づき学校運営や財務、学校施設、人材配置等の改善に向けた戦略が話し合われる。

冬休みの2週間の短縮と夏休みの2週間の延長も議論される。教育省は、冬休みを1月いっぱいとして、2月4日から学校を再開すること、逆に夏休みは6月1日から7月31日までとすることを提案している。

また、RECからは、昨年8月以降進められてきた学校カリキュラムのレビューの結果を踏まえたカリキュラム改善策の実施方針につき提案が予定されており、会議でこれを採択する予定。

続きを読む


タグ:教育
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緑化公社の発足 [ブータン]

ブータン緑化公社発足
Green Bhutan Corporation launched
Kuensel、2017年1月4日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/green-bhutan-corporation-launched/

2017-1-4 Kuensel.png

【ポイント】
1月3日、農業セクターにおける第二の国有企業(SOE)として、ブータン緑化公社(Green Bhutan Corporation)が発足した。CEO含めてスタッフ6名での出発、ティンプー郊外のシムトカ地区の賃貸アパートの1室をオフィスとして、小規模での船出となった。

ブータン緑化公社の事業優先分野は今後検討されるものの、発足式に同席したイシ・ドルジ農業大臣によると、景観改善や花卉園芸、都市緑化等の分野での収入創出活動が中心となるとのこと。初年度の事業予算は3,300万ニュルタムで、同公社は今年6月までに298人の新規雇用を予定している。

公社発足のきっかけは、2014年の花博覧会における国王演説である。この中で、国王は、「我々が住む場所は清潔で、安全で、よく組織され、美しくなければならない。それが国の統一性、国のプライド、そして我々の明るい未来を醸成する。これもまた国づくりのあり方の1つだ」と述べている。

同公社は、ブータンをより緑多い国にすることを目指し、毎年植林や森林回復活動を展開する。加えて都市における花壇整備や植樹も徐々に地方都市へと展開していく見通し。

農業セクターのSOEは、第1号の農業機械化公社(FMCL)が昨年8月に発足。農業省によれば、年内には第三の農業セクターSOEが家畜分野で発足を予定している。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る