So-net無料ブログ作成
検索選択

ブータン西部の体験型商品見本市 [ブータン]

ガキ・ガテン-幸福の祭典
Gakyed Gatoen – Festival of Happiness
Kuensel、2017年1月29日、Thinley Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/gakyed-gatoen-festival-of-happiness/

2017-1-6 GakyedGatoen.png
【ポイント】
体験型商品見本市Gakyed Gatoenが1月初旬から開催されている。これに参加している起業家のもとを消費者が訪れ、実際にその商品の生産・製作を体験してみることで、商品への理解の促進と生産者へのフィードバックを図ろうというプログラムである。

ティンプー、パロ、ハの3県の村落起業家がプログラムには参加し、その中の多くが、県産業振興関係者と経済省小規模零細産業局(DCSI)職員らとともに、大分県での研修に参加した、同県で始まった一村一品運動やオンパク事業という、地域資源を生かした地元産品やサービスの育成を通じて農村振興を目指す取組みを学び、加えてタイでの一村一品運動の企業家のもとでも補完研修を受けた。これらを持ち帰り、自身の商品開発へと反映を図っている。

プロジェクトでは、これら村落起業家が提供する体験型プログラムを1冊のカタログにまとめ、商店やホテル、レストラン、人が集まる公共施設、空港等に置いて、外国人観光客を中心とした想定顧客の目に触れやすいよう取り組んでいる。2016年のカタログへの出店起業家は、日本やタイでの研修参加者も含む67名だったが、2017年1月にスタートした2回目の見本市では、カタログ掲載起業家数が85名に増加している。

記事では、ハ県の乳製品加工組合のリーダー、ティンプーのエゼ(唐辛子和え)生産者、パロの茶店での紅茶テイスティングサービス提供者という、3名の女性起業家が提供するサービスの内容と、実際にティンプーでの生産体験に訪れた観光客との交流経験が紹介されている。加えて記事に使われている写真として、別の3名の起業家のサービス提供の様子も紹介されている。いずれのサービスも有料で、DCSI担当者によれば、通常の商品販売とは別の追加収入をもたらし、口コミで商品情報が広まるというメリットも期待される。

体験型見本市Gakyed Gatoenは、1月から2月末までの2ヶ月間を重点プロモーション期間としているが、それ以降もカタログ掲載起業家のサービス提供は行われる予定。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る