So-net無料ブログ作成
検索選択

ポブジカのホームステイ [ブータン]

ホームステイを利用する旅行客はほとんどいない
Fewer tourists avail homestay services in Phobjikha
Kuensel、2017年2月10日、Dawa Gyelmo記者(ワンデュー)
http://www.kuenselonline.com/fewer-tourists-avail-homestay-services-in-phobjikha/

2017-2-10 Phobjikha.jpg

【ポイント】
ご近所であるにも関わらず、ガンテ郡と違い、ポブジカのホームステイサービス提供者はあまり潤っていない。ホームステイを利用する旅行客がほとんどいないからである。王立自然環境保護協会(RSPN)のイニシアチブにより始まったコミュニティベースの持続可能な観光プログラムの下、2012年に登録されたサービス提供農家は21世帯あるが、うち10世帯はポブジカ、11世帯はガンテに属する。同じサービス内容であるにも関わらず、ガンテでホームステイする旅行客はポブジカでホームステイする旅行客よりも多い。

これは単にポブジカがガンテよりも遠いことによるものとは言えないというのが関係者の見解。ポブジカでも多くの住民がホームステイプログラムには関心を持っているものの、現状十分な訪問客を受け入れていないことから、参加にも躊躇しているのが現状。

ある農家では、2013年にRSPNから15000ニュルタムの支援を受けてホームステイプログラムに参加した。最初は1年間で2組の旅行客を受け入れたが、その数は2015年以降減少し、2016年にはゼロとなった。しかし、元々大きな投資をして起業したわけでもないので、損失自体は発生していないという。ポブジカのプログラム参加農家はいずれも同じような状況である。

ホームステイにかかる宿泊料は1泊700ニュルタム、食事代は300ニュルタム、朝食代は180ニュルタムだという。ブータン人には安い料金が適用されるという。

一方、ガンテで同様のホームステイプログラムを始めた農家のケースでは、3ベッドルームで始めた最初の4年間の収益は芳しくなかったが、来訪客の数は徐々に増えてきているという。玄関に看板を設置したり、ソーシャルメディア上で宣伝を行ったりしたのが奏功した格好である。

ブータン観光評議会の2015年版年次報告書によると、ホームステイを利用した旅行客数は全体の2.82%に過ぎない。64.98%がホテル、29.81%がリゾートを利用しているという。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る