So-net無料ブログ作成

『ひたすら読むエコノミクス』 [仕事の小ネタ]

ひたすら読むエコノミクス

ひたすら読むエコノミクス

  • 作者: 伊藤 秀史
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2012/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
経済学は、世の中と人間を読みとく「文法」だ!
景気、失業、税金、規制、貿易、為替…。経済学と言えば、新聞やニュースでおどる、「マクロ」な経済問題をイメージされる方が多いかもしれません。
しかし実は、経済学には「文法としての経済学」という側面もあります。社会の仕組みや人間の行動を考え分析するための、「ツールキット」としての側面です。
経済学を通して世の中の様々な問題を考えていくことで、「◯◯は,こんなふうに考えることができるのか!」という新鮮な驚きと、「△△は,経済学で考えないと見落としてしまっていた!」という目からウロコの感覚を味わうことができるはずです。
ひとりで何かを決めること(合理的選択)から始まり、駆け引きのある決定(ゲーム理論)、多人数の意図が交差する市場の成功と失敗、などの基本的なトピックから、「インセンティブ」をキーワードに、現実の不透明な状況でどうすればいいのか、経済学を使って考えてます。
さらに、市場をうまく機能させるため仕組みを考えるの新しい理論(マーケット・デザイン)や、人々の様々な思惑が衝突するなかでの組織の仕組みの作り方(組織の経済学)、についても、経済学という文法で読み解いていきます。

今からちょうど2年前、トマ・ピケティ『21世紀の資本』がもてはやされていた頃、週刊東洋経済が経済学の特集記事を組んだ。その時、参考文献として紹介されていたのが本書で、1年以上経ってある程度ほとぼりが冷めてきた頃になって、BOOK-OFFで本書を見つけ、廉価で購入した。海外赴任までに読み始めることがかなわず、仕方なくそのまま赴任国に持って行ったが、結局現地でも読む機会がなく、そのまま日本に持って帰ってきていた。

取りあえず、この3週間の一時帰国中に、文字通り「ひたすら」読んで、読了というアリバイだけは作った。わからないところで立ち止まったりせず、ひたすら読み進めたので、ちゃんと理解できたかと聞かれるとかなり自信はない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る