So-net無料ブログ作成

『戦国北条記』 [伊東潤]

戦国北条記 (PHP文芸文庫)

戦国北条記 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 伊東 潤
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: 文庫
内容紹介
国府台(こうのだい)、河越(かわごえ)、三増(みませ)峠の各合戦や、小田原籠城戦――。
北条五代を「合戦」と「外交」を軸に読み解くことで、関東における戦国百年の実相が見えてくる! 伊勢盛時(のちの北条早雲)による伊豆平定から、小田原で豊臣秀吉に屈するまでの興亡の歴史を、最新の研究成果を盛り込みドラマチックに描く。従来の北条氏のイメージを一新させる戦国ファン必読のノンフィクション。

伊東潤作品は、これまで甲斐武田氏や徳川家康を主人公にした作品など読んできた。河村瑞賢を主人公にした『江戸を造った男』などは秀逸で、この作品英訳してくれないかなと思ったぐらいだ。でも、彼のライフワークというか、歴史小説の世界に入っていったきっかけは北条氏を中心とした関東地方の戦国時代を描くことだったと聞く。

僕にとってはこの時代の関東地方というのは一種のブラックボックスで、織田や徳川といった、美濃・尾張・三河あたりまでが舞台の作品ならともかく、関東甲信越の話になるとなかなか触手が伸びなかったというのが正直なところである。いずれ「北条LOVE」の作品群には挑戦せねばとは思ってはいるが、舞台をよくも知らないのは大きなハードルになっている。

そんなところに、まさにドンピシャの解説書が登場した。海堂尊が『ジェネラル・ルージュの伝説』で「桜宮サーガ」の作品群に登場する人物の相関図と年表などをまとめ、それが後々の海堂作品を読むのに非常に役に立ったように、今回の伊東作品は、まさに「関東北条サーガ」とでも呼べる解説書である。地図や家系図が頻繁に挿入されていることも、読み進めるための理解をかなり助けている。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る