So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しい数学の時間 [ブータン]

数学は、創造的で、物語やイマジネーションに満ちている時が最高に面白い
'Maths at its best when it is creative, full of stories and imagination
The Bhutanese、2017年3月25日、Tenzing Lamsang記者
http://www.kuenselonline.com/youth-entrepreneurs-plan-to-produce-avocado-tea-and-flour/
*記事のURLは、同紙の記事更新がなされた時に追記します。

2017-3-18 MarcusDuSautoy.jpg
《王立個別指導プロジェクトのHPから》

今となってはちょっと古い出来事になってしまったが、3月13日の週から約10日ほど、英国オックスフォード大学の著名な数学者マーカス・デュ・ソートイ教授がブータンを訪問されていた。王立個別指導プロジェクト(Royal Tutorial Project)の一環で、その講義をビデオ収録してBBSで流そうということで来られている。ビデオ収録の合間に、プンツォリンのRIGSSやCSTをはじめとして幾つかの教育機関で特別講義も行われたが、折角の機会だからというので、王立プロジェクトの粋な計らいで、18日(土)夜、市民向けの公開講義が開催された。

冒頭ご紹介した記事は、その模様を報じたもの。この報道、クエンセルは3月20日付の同紙で1ページ扱ったのみだが、The Bhutanese紙は週刊タブロイド紙である利点を生かし、教授のインタビューまで2ページぶち抜きで掲載している。そのインタビュー内容までここでご紹介するつもりはないが、18日の公開講義は僕も出ていたので、その内容をちょっとご紹介してみたい。

多くの生徒さんや先生方が詰めかけた国際会議場での特別講義。マーカス教授の冒頭の話はどうやって数学に入って行ったかというものだった。教授は小さい頃、007の映画を見てスパイになることに憧れ、外国語を学ぶことから始めた。フランス語を手始めに、ドイツ語、ラテン語、ロシア語と手を広げていったものの、スペルや単語の多さや非論理的な語順に辟易するようになってしまった。そんな教授が、12歳か13歳だった頃、当時の数学の先生が教授を呼び、数学は単に四則演算や法則を学ぶことじゃない、もっと多くの領域があると言い、ある本を読むよう勧めてくれたという。それが数学との出会いだった。

The Language of Mathematics

The Language of Mathematics

  • 作者: Frank William Land
  • 出版社/メーカー: John Murray
  • 発売日: 1975/05
  • メディア: ペーパーバック

続きを読む


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る