So-net無料ブログ作成

現地生産のスポーツカー? [ブータン]

現地生産のスポーツカー、コンペでデビュー
Locally built sports car debuts at innovation competition
Kuensel、2017年3月31日、Younten Tshedup記者
*URLは存在しません。HP上では記事閲覧ができないのです。

2017-3-31 Kuensel2.jpg
《記事が存在した証しとして、写真撮っときました。》

【ポイント】
3月30日、ティンプーにおいて、第2回テクニカル・イノベーション・コンペが開催された。主催は労働人材省。2014年に第1回コンペが開催されて以降、初めてのコンペに出展された作品は6点だった。

うち第1位を獲得したのは、ブータンテレコムの電波周波数エンジニアであるジグミ・タクテン氏の制作した「自動横糸巻き取り機(Automatic Winding Weft for Shuttle)」。ジグミ氏は、母親が手織りを営む姿を間近に見て、このアイデアを発想。マイクロコントローラーArduinoを用いたリニアアクチュエーターで、12ボルトの電圧で駆動させる。プロトタイプ制作費は7850ニュルタム。氏はこれを商業生産につなげたいと意気込んでいる。

第2位は、チュメ技術訓練校(ブムタン県)の教官、クンザン・ゲルツェン氏の制作した改良ボカリ(ストーブ、Bukhari Radiator)。ボカリで薪を燃やすとエネルギーのロスが発生する。薪のエネルギーの90%は煙となって放出されてしまう。氏はこのボカリの熱で温水を生産し、これを室内に循環させることによって、室内温度を長く保てるシステムを開発。これにより90%のエネルギー喪失分の25%は節約できるという。

第3位は、ランジュン技術訓練校の教官、リンチェン・ドルジ氏が制作した「ハイブリッドLEDフェンス(Hybrid Eco-Friendly LED Fencing)」。農地への野生動物の侵入を防ぐシステムのプロトタイプで、太陽光を利用して蓄電し、日中は侵入者を感知してサイレンを鳴らし、夜間はサイレンに加えてLEDライトで侵入者を照らす仕組みになっている。

しかし、会場の注目を最も集めたのは、サムチ県で自動車整備工場を営むツェリン・テンジン氏が制作したコンバーチブル・スポーツカーだった。この車はマルチ・スズキ製のMulti 800とMulti Swiftのパーツを合体させ、双方の利点を組み合わせて1つの車体に収めたもの。コンバーチブルはブータンでも珍しく、今後この車が路上走行できるよう、関係機関と協議を進めるとのこと。

続きを読む


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る