So-net無料ブログ作成

ジャージ通学論争の行方 [ブータン]

金曜、土曜限定のジャージ通学
Tracksuits only on Fridays and Saturdays
Kuensel、2017年5月2日、Yangchen C Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/tracksuits-only-on-fridays-and-saturdays/

2017-5-6 Jersey.jpg

【ポイント】
ティンプー市は、市内の小中高校に対し、生徒が金、土曜日に行われる保健体育の授業に向けてジャージで登下校することを認める方針を打ち出した。これにより、この両日は、民族衣装姿での朝礼は行われず、通常の授業もジャージで受けることが認められる。小学校(Primary School)の保健体育は金曜日、中・高等学校(Middle and Higher Secondary School)の保健体育は土曜日に授業が行われる。今週中に各校への通達は行われ、即日実行に移される見込み。

3月8日、市はジャージの着用は保健体育の授業と学校の体育行事の時間に限って認めるとの方針をいったんは打ち出し、同16日には市内の各学校に対し、保健体育の授業の後は民族衣装への着替えを徹底させるよう通達した。さらに、市内34校(うち私立は15校)は、保健体育の授業は土曜日にだけ行うよう通達を受けていた。しかし、こうした方針は、教員や父兄からの評判が悪く、授業運営がしにくいとして批判を浴びてきた。

このため、市は各校校長と協議し、金、土の2日間での保健体育の授業という方針に転換した。各校とも保健体育科目の運営にある程度の裁量を得られるものとしてこの方針を歓迎している。

ティンプー市の決定は、今後全国の学校での保健体育科目の運営に影響を与えるものと見られる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る