So-net無料ブログ作成
検索選択

もっともっと「包摂性」 [ブータン]

パナスでの監禁生活
Caged in Phanas
Kuensel、2017年6月10日、Gopilal Acharya
http://www.kuenselonline.com/caged-in-phanas/

2017-6-10 Kuensel02.jpg

6月10日付のクエンセルの寄稿欄に、2ページぶち抜きの記事が載っていた。ポイントをここで紹介するにも長い記事なので、それも今回は省略するが、内容としては13歳で精神分裂症を発症した女性が自宅の隣りに設けられた小屋の中で暮らしているという告発レポートである。モンガル県ナツァン郡のパナスという村での出来事だ。

ただ、家族のことを悪く描いているわけではない。この世帯は今は36歳になっているこの女性と56歳の母親の2人暮らし、母親はこの女性に治療を受けさせようと、モンガル病院、ティンプーのジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院、さらにはインド・タミルナドゥ州ヴェロールの病院にまで連れて行っている。どうにも手の施しようがなく、今の生活に陥っている。母親も娘のケアに疲れ切っている。地域住民もこの家を避けるようになり、コミュニティの支援も得られない。コミュニティとのつながりが断絶されてしまえば、幸福度はさらに下がるだろう。

この女性が発症するきっかけになったと思われるのはその直前にあった両親の離婚だというが、障害を抱えてしまったのは前世に犯した罪だと考える人が多いという。レポートの論調は、こうした家族も含めて家族全体をサポートする仕組みがないと、患者本人だけではなく、その家族もまた苦境に陥ってしまうと指摘している。

続きを読む


タグ:障害 幸福
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る