So-net無料ブログ作成
検索選択

重い国王のお言葉 [ブータン]

大学卒業式での国王演説に感動し、男性自首
Man, moved by His Majesty’s Convocation Address, confesses
BBS、2017年6月14日、Tshering Zam記者
http://www.bbs.bt/news/?p=74105

2017-6-8 Kuensel02.jpg
《大学卒業式での国王演説の様子。クエンセルから》

【抄訳】
先週行われた第12回王立ブータン大学合同卒業式における国王陛下の演説は、出席した卒業生だけではなく、全国の人々にもインスピレーションを与えたようだ。その1人がモンガルの36歳の男性だった。

揺るがぬ忠誠心について語った国王陛下の聡明なお言葉を聞き、彼は1年前に犯した犯罪について告白した。彼は意図的に村の自分の家に火をつけたことを、モンガル警察に認めた。「コミットメント(Tha Damtshi)なしに働く人の人生がどのように影響を受けるか、陛下は語っておられました。それを聞き、私は自分がしたことについて大いに後悔しました」ー匿名希望のその男性は語った。「後悔の念は私の心を突き刺す針のようでした。」

この男性は、より大きな建物を建てるのに保険金が欲しかったので、彼の家に火をつけてほしいと友人を扇動したという。「私はその友人に会い、その後の雑談の中で、自分の家に関する話題を持ち出しました。彼は私の家には誰も住んでいないと言いました。それで、私はそれが私が公務員だからだと答えました。そして、私はその家には保険がかけてあるので、家を燃やして欲しいと友人に頼みました。」

はじめのうちは、その友人も男性の言葉を真に受けてはいなかったという。しかし、ルンツェ県リンチェン・ドルズワンで二度目に会った際、その友人は彼の家に火をつけることを了承したという。

「その夜、警察は私に電話して、私の家から出火したと連絡してきました。」

この火災事件の後、彼は王立保険会社(RICL)から50万ニュルタム以上の保険金を受け取った。今、彼は、警察の捜査終了後に明らかになる、自分に対して行われる告発を待つ身である。

続きを読む


タグ:企業家精神
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る