So-net無料ブログ作成

再読『農山村は消滅しない』 [仕事の小ネタ]

農山村は消滅しない (岩波新書)

農山村は消滅しない (岩波新書)

  • 作者: 小田切 徳美
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 新書

単なる偶然だと思うが、本書を読了したのは8月23日。再読で前回読了したのは2年前の同じ8月23日だった。当時は限界集落の問題とか、地方創生の問題とか、人口高齢化の問題とか、もっぱら日本国内のことを考えていたし、当時は「コンパクトシティ」に対する反論というところにも惹かれて読んでいたのではないかと思う。

そんな本を改めて読み直そうと考えたきっかけは、ご想像の通りでブータンとのつながりである。先月から今月にかけて、ティンプーにファブラボができたり、日本政府が農道建設機械の供与をやったり、日本からかなりの数の高校生や大学生がブータンに来たり、また逆に、JICAのプログラムで「地方行政」や「農村企業家育成」といったテーマの研修で日本に行った人、帰ってきた人も結構いた。加えて、僕自身も東部の入り口ともいえるモンガルまで足を運ぶ機会を初めて得た。

ブータンの農村開発上の課題と言ったら「農村から都市への人口移動」→「耕作放棄地の増加」→「獣害」といったところがすぐに思い浮かぶ。日本は首都ティンプーを魅力的な街並みにする協力にはあまり力を入れていないが、農村や地方の魅力を高めて住みやすい土地にするための協力には力を入れていると思う。

農業の機械化や作物の多様化も然りだが、農村部の人々の最も求めているのは農道で、その建設や維持管理に必要な重機の供与も行ってきた。これで農村から地方の都市へのアクセスは良くなると思うし、逆に地方都市に住んでいる人が村に住んでいる親のところに週末に出向き、畑を手伝うというのもやりやすくなる。本書でも出てくる「ウィークエンドファーマー」という奴だ。そして、地方都市においてどんな起業があり得るかという、パズルの最後の1ピースも、JICAの研修という形で考える機会を提供している。長期的には、ファブラボのようなものづくり環境が地方にももっと広がれば、地方でのハードウェア・スタートアップをやりやすくなるだろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る