So-net無料ブログ作成

『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』 [読書日記]

Book002.jpg鈴木大輔著
『…なんでそんな、ばかなこと聞くの?』
角川文庫、2017年9月23日
Amazon URLはこちらから。
内容(「BOOK」データベースより)
郡上おどりで賑わう、生と死が入り交じる町・郡上八幡。高校生、藤沢大和はある日その町で――死んだ。なぜ死んだのかも忘れたまま存在し続ける大和。そして、とある秘密を抱えながらも大和を生き返らせようとする、幼馴染みの少女・青山凛虎。不器用なふたりのひと夏の運命がいま―始まる。恋愛小説の名手が紡ぐ、傑作青春ストーリー。

―――それにしても、直ったかと思ったらまたおかしくなったブログのAmazon商品紹介機能。

まあ、それはさておき、またまた岐阜県が舞台のライトノベルだということで、日本を発つ直前に書店で購入して機中のお供にした。といっても帰りのフライトの中ではほとんど寝ていたので全然読み進めることができず、この週末を利用してようやく読了したところ。

高校生の娘がいるようなオジサンが高校生が主人公のラノベを読んでそれに感想を述べるのは気恥ずかしいので、ストーリーについては云々しないことにする。いずれ多くの若い読者がこの作品を読んで、もし気に入ればアニメ化されて、そしてゆくゆくは『君の名は』みたいに聖地巡礼の目的地になっていけば嬉しいかも。小説の舞台は岐阜の夏の風物詩、郡上踊りだし、そこそこ風景描写も出てくる。郡上城は勿論だが、主人公の藤沢大和クンが親友・長瀬クンと食事している定食屋が少なくとも3軒、実名で出てくる。これで遠方のお客さんも地元にお金を落としていってくれるかもしれない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『虹色のチョーク』 [読書日記]

虹色のチョーク

虹色のチョーク

  • 作者: 小松 成美
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: 単行本
内容紹介
「彼らこそ、この会社に必要なんです」――社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社"を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる――。
神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和35年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった――。本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊。

来る11月7日から9日にかけて、ブータンでは「GNH国際会議」というのが開催される。今年のテーマは「ビジネスのGNH」で、これは世界的にも有名なGNHという概念が、ブータン国内でもビジネスセクターでは未だ十分普及していないという問題意識に基づき、世界のビジネスセクターのGNH向上への取組みから学ぼうという趣旨で行われるものだ。そもそもブータンに「ビジネスセクター」なる大きなセクターが存在するかどうかはやや疑問なところもあるが、主催者の問題意識はよくわかる気がする。

現在僕はある日本の企業の方との共同での発表を考え、主催者の定めた日程案に沿って、既に論文の要旨を提出済みで、これから10月末までの間に実際の論文を書き上げなければならないという状況にある。また、この共同発表の相方の会社の社長にもお出ましいただいて、クロストークのセッションのパネリストの1人としてご登壇いただくことを画策し、一応主催者から内諾は取り付けている。これで最低限日本のプレゼンスは確保できたと思う。ちなみにこの会社は、社是に「しあわせ」という言葉を含めているアパレル製品のカタログ通販を専門にしている会社である。

こうした主催者への働きかけの中で、できれば是非社長をお招きしたかった会社がもう1社ある。それが日本理化学工業株式会社で、恥ずかしながら最近まで知らなかった企業だ。残り時間が少なすぎるので、コンタクトするつてもない同社に、ブータンまでの旅費(航空賃プラス滞在費)を自腹で負担していただくような話はさすがに持って行きにくい。泣く泣く断念したが、インクルーシブを地で行くような企業がどこまでの努力を払っているのか、世界にも知ってもらいたい取組みだと思っている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『繭と絆』 [シルク・コットン]

Book001.jpg植松三十里著
『繭と絆-富岡製糸場ものがたり』
文藝春秋、2015年8月26日
Amazon URLはこちらから。
内容紹介
世界遺産・富岡製糸場の成立秘話が満載。富岡製糸場の初代工場長・尾高惇忠の娘・勇は、婚約を棚上げして女工になる。明治の日本を支えた製糸業を隆盛に導いた父娘のドラマ。

―――それにしても、早く直らないですかね、ブログのAmazon商品紹介機能。
あれは書籍の紹介するのにものすごく便利だったので長年利用してきたが、9月22日以降機能が使えなくなっており、ソネットからは復旧の時期も明らかにされていない。

その間に読了した本、その前に読了しておきながらブログで紹介するタイミングを逸してここまで来ていた本も、一時帰国して少し時間に余裕があった本邦滞在期間の後半に記事アップしたかったがそれもかなわず、ずっとブータンの新聞記事の紹介でお茶を濁してきた。

しかし、それでもそろそろ限界なので、これからの数回は、書籍紹介も取り混ぜていこうと考えている。

その第1回は、これは読了したばかりの歴史小説。副題にある通りで、富岡製糸場の製糸工女第1号となった尾高勇(おだかゆう)が主人公の話である。尾高惇忠、勇、渋澤栄一、速水堅曹あたりは実在の人物だが、実際に勇とともに入所した初代製糸工女の数名は、いたのかどうかはよくわからない。中の良かった2人の工女は勇の結婚と軌を一にして北海道の開拓使製糸場の教官として赴任しているが、北海道に製糸場は確かに存在したし、明治8年開業というところも事実関係としては合っている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

国連の対ブータン援助 [ブータン]

国連対ブータン援助枠組み、4分野を特定
UN framework identifies four areas for assistance
Kuensel、2017年9月20日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/un-framework-identifies-four-areas-for-assistance/

【ポイント】
9月19日、政府、NGO、ブータンに籍を置く国連専門機関の代表者が集まり、国連国別課題分析ペーパー(CCA)ドラフトについて議論した。CCAは国連の次期対ブータン開発援助枠組み(UNDAF)の策定にエビデンスを提供するもの。UNDAFは2019年から2023年までを協力期間と定めており、ブータンの第12次五カ年計画と期間を合わせ、国連常駐ミッションによる対ブータン支援のガイドラインとなる。

CCAレポートでは、国連専門機関間の連携プログラム実施の柱となりうる4つの領域を特定している。①気候変動に対する強靭性と災害リスク管理、②ジェンダー平等、③食と栄養の安全保障、④エビデンスに基づく意思決定を可能とするSDGsデータ、である。

このうち、①気候変動に対する強靭性と災害リスク管理における主要な課題として、複数セクター間、複数機関間の調整、災害に有効に対処できる熟練人材の不足、基礎データや資金、知識情報、制度能力等の面での制約が挙げられている。このレポート案は、様々な関連機関との協議を経て作成されたもので、より効果的な災害管理制度枠組みや調整メカニズム、災害リスク地域の特定、国及び各地方レベルでの災害管理計画や緊急時対応計画の策定、予防や復旧に向けた追加的努力、重要インフラの整備等の必要性が指摘されている。

②ジェンダー平等における課題としては、高等教育就学及び修了率、就労機会の平等、公的意思決定や政治参加における女性の参加率、女性に対する暴力等が挙げられている。ジェンダー主流化プロセスの強化、主要な法整備、性別により分解可能な統計データの収集と活用等が今後必要とされ、現存するジェンダーギャップの解消の必要性が指摘されている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

企業のGNH貢献度診断ツール [ブータン]

企業向けGNH貢献度診断ツールの開発
GNH certification tool for business to be launched
Kuensel、2017年9月18日、本紙契約海外記者
http://www.kuenselonline.com/gnh-certification-tool-for-business-to-be-launched/

2017-9-18 GNHCertification.jpg

【ポイント】
外遊中のツェリン・トブゲイ首相は、16日、滞在先のシンガポールで出席した「シンガポール・サミット」において、11月開催予定のGNH国際専門家会議で企業向けGNH貢献度証明制度のローンチングを行うことを発表した。

首相はこのサミットにおいて、GNHが経済的福祉の重要性を損なうものではないというのをアピールする重要な機会であると強調、GNHは主には公共政策の領域に注目するものであるのは確かだが、現在ブータンではGNHの価値をビジネスセクターにおける意思決定プロセスにも統合していく取組みを推進中だと述べ、資格要件を満たすと認定された企業がGNH貢献認定証明書を授与されるようになるとの見通しを明らかにした。GNH自体を強力なブランドとして企業に遵守させるインセンティブとなるだあろうと述べている。

GNHの指標を用いることで、この措置は、企業による倫理的な行動規範の順守や被用者の幸福度向上に向けた取組み、顧客やコミュニティ、社会の幸福度向上に向けた取組み等も併せて計測する見通し。

*以下、シンガポールとブータンの二国間関係に関する記述は省略。

続きを読む


タグ:GNH
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トブゲイ首相の国連総会演説2017 [ブータン]

我々の福祉は危機に晒されている:首相
Our wellbeing is at stake: PM
Kuensel、2017年9月25日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/our-wellbeing-is-at-stake-pm/

2017-9-25 Tobgay.jpg

【抄訳】
ニューヨークで開催中の国連総会において、9月22日、ツェリン・トブゲイ首相が演説を行い、気候変動に対処し、貧困とテロを根絶する必要性を強調した。

首相は、内陸国山岳国であるブータンが気候変動の影響を受けやすいと述べた。 「それが、気候変動の根本的な原因ともいえる、無分別な環境劣化を我々が警戒している理由である」という。

彼は、パリ協定締約国に対し、気候変動への取組み公約を果たすよう、強く求めた。 「今こそ行動する時である。我々の幸福は瀕死の状態にあり。将来世代の生存は危険にさらされている」

彼は、ブータンの72%が森林に覆われていることにも言及した。 「我々は世界で唯一の炭素中立の国である。実際のところは、炭素吸収国となっている」と述べ、同国がクリーンな再生可能エネルギーを作り出し、輸出し、グリーン産業や有機農法に投資していると付け加えた。

また、首相は、国連が気候変動対策、貧困撲滅、世界平和と繁栄の維持に重要な役割を確実に果たすため、ブータンが他の加盟国と協力するとのコミットメントを再確認した。

首相は、世界自然保護基金(WWF)との協力で立ち上げた「生命のためのブータン(Life for Bhutan)」というプログラムが、革新的な資金調達メカニズムであることにも言及、この制度が政府が保護の全額を負担することができるまで豊かな生物多様性を保全することを可能にするものだと述べた。「気候変動との戦いは複雑で、費用がかかるものとなる」という。

さらに、彼は、多次元貧困は半減していると強調 「今後数年以内に、さらに5%に減らすことができるだろう」と付言した。

気候変動対策と同様、貧困の根絶は複雑で膨大な費用を必要とするものだと付け加えた。「 ある見通しによると、極度の貧困を撲滅するためには、1年にわずか1750億ドルしかかからないという。それは現在の世界GDPの0.32%に過ぎない。これは良い知らせである。」

首相は、国際的なテロ対策への取組みに参加するため、ブータン軍と警察官が現在、11の国連平和維持活動(PKO)に従事していると述べた。さらに彼は、世界の平和と安全は共通の懸念事項であり、共通の責任であると述べた。 「テロ集団による恐ろしい行為は、世界の平和と安全を損なうものであり、ブータンはこれらの過激派と戦うため、国際的な集団行動の要請に応えていきたい」と述べた。

最後に、首相は、持続可能な開発のための2030年アジェンダの要求に応えていくために、国連事務総長が取り組もうとする国連改革イニシアティブに対する支持を表明した。

続きを読む


タグ:国連 首相 SDGs
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミュニティ・マッピングの有効性 [ブータン]

コミュニティ・マッピングが住民参加を促す
Mapping encourages community participation
Kuensel、2017年9月14日、Phurpa Lhamo記者
http://www.kuenselonline.com/mapping-encourages-community-participation/

【ポイント】
ブータンメディア開発センター(BCMD)が9月8日、パロで開催したセミナーに、パロ教育大学と市内4つの学校が参加し、パロのコミュニティが直面する課題に対処するための事業提案が発表された。紹介された5つの事業提案は、湧き水水源の保全や学校の天蓋の補修、公共スペースにおける公衆トイレの新設、水不足問題へのソリューション、学校構内の排水システムの改善。

5つの学生・生徒グループは、7月、BCMDがパロの教員16名を対象に実施したトレーナー研修の後、研修修了者が行うコミュニティ・マッピングの始動を受けた。これに基づき、学生・生徒たちは街に繰り出し、コミュニティ・マップの作成に取り組む中で、地域の課題を炙り出し、実行可能なソリューションを検討した。

BCMD関係者によれば、こうしたボトムアップ型のアプローチは開発をより参加型に導くという。5つの事業提案は、BCMDから事業実施に向けた資金提供がなされ、実際の実施の結果は11月には報告される見込み。

なお、同セミナーには日本の関西大学の草郷孝好教授も参加、人口高齢化や農村・都市間人口移動の問題を、どのようにして日本が住民参加を促進し、農村部への住民の帰属意識を高めていったのかについて講演を行った。草郷教授によれば、日本とブータンとでは発展段階は異なるが、発展の方向性は同じだという。コミュニティ・マッピングのような取組みは、若者を教育し地域の福祉の重要性を理解させるのには有効。小さな取組みだが大きな変化をもたらすものだと強調。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ブータンでコミュニティ・マッピングをやると聞き、教育目的にはまあいいにせよ、本当に住民参加というのがそれで促進されるのかどうかは、対象地域の特性にもかなり左右されるのではないかという気がした。どこでこれをやるのかがミソだろうが、聞けば昨年のテストでは、プナカ県ゲムカ村、ティンプー県クズチェン村(Kuzhugchen)、パロで試行されたという。訪れたことがないので確たることは言えないが、集落がバラバラで住民参加が得にくいという声も聞くブータンで、この手法がどこでも有効なのかはよくわからない。実際、この手法を取り入れてみてこれらの地域が大きく変わったのかどうかは、もうちょっと長い期間を置いてみてみないといけないのだろう。

ちなみに、関西大学の草郷孝好教授は、文科省の科研費を使ってこの研究をされている方らしい。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26570014/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若者が日本で得るもの [ブータン]

労働省、日本での就学就労制度の登録を一時停止
Ministry suspends registration for learn and earn programme in Japan
Kuensel、2017年9月23日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/ministry-suspends-registration-for-learn-and-earn-programme-in-japan/

【ポイント】
労働省関係者によると、日本での就学就労プログラムの影響度を評価するため、2018年4月派遣分を一時的に停止しているという。この制度はまだ導入から日が浅く、利用希望者から問い合わせが非常に多い。労働省はこの制度を利用して既に日本で就学就労中のブータン人若者からのフィードバックを集めているところだという。

ブータン人応募者の配置については、2013年ブータン海外雇用エージェント規則に則りサービスが行われる。応募者は最低クラス12(日本の高卒相当)修了資格を持つ必要がある。ブータン海外雇用機構(BEO)のジュルミ・ツェワン執行代表によると、今までに日本に派遣されたブータン人青年は128名。日本で暮らすことで、知識や技能、規律等を学び、日本の就労文化を吸収して帰ってくることが期待されている。

第3弾の384名は、10月第1週に日本に出発する。今のところこの制度を利用して日本に行ったブータン青年で戻って来た者はいない。2018年4月派遣分は約285人がリストアップされている。

労働省関係者によると、日本で働くには2つのステップがあるという。第1に、就労希望者は日本語の研修を受ける義務があり、4ヵ月から6ヵ月の基礎研修を受講する。その後日本で、1年半から2年間働きながら、日本語試験を受験する。こうした研修を受けながら、ブータン青年はコンビニやホテル、工場等でのパート労働を行うことが可能。

現状日本での就労期間には上限は設けられていないが、渡航に必要な費用を銀行から借りた場合、期限までに返済を完了する義務は課せられるという。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の見られ方 [ブータン]

超長寿化は人生の3ステージを変える
Increasing longevity means 3-stage life plan will change
Kuensel、2017年9月14日、The Japan News/ANN
http://the-japan-news.com/news/article/0003938195

【ポイント】
安倍政権の看板政策「人づくり革命」を検討する「人生100年時代構想会議」の有識者議員、英ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授が本邦メディアのインタビューに応じ、今後は伝統的な「教育」「仕事」「引退」という人生の3ステージが、年齢に関係なく自由に選ぶ複線型の生き方になっていくと指摘した。1つの職場に長く務めて引退を迎えるのではなく、常に技能のブラッシュアップに努めて長く働き続けられるようにすること、家庭内での役割分担を見直し、単一収入源に依存しない生計策を構築することが必要で、そのためには、新しい技能や知識を習得する「学び直し」の機会を創出すること、海外より遅れている女性の社会進出を促すことなどが必要だと述べた。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

地域活性化で農村・都市人口移動を食い止める
Countering rural urban migration through regional revitalisation
Kuensel、2017年9月19日、Krishna Subba(JICAブータン事務所)
http://www.kuenselonline.com/countering-rural-urban-migration-through-regional-revitalisation/

【ポイント】
離島隠岐の島の海士町を訪ねてみて、日本の農村には、人口減少、公共交通機関、経済活動、雇用機会等の点で、ブータンの農村にも通じる幾つかの課題があることがわかった。2000年代初頭、市町村合併が進む中、海士町は合併の荒波に立ち向かうことを自ら選択し、島内の住民がそこに留まり、逆に島外の人々もそこに住みたくなる地域を作るため、様々な取組みに着手した。その取組みは、地域を守るだけでなく、地域のブランド化や学校の魅力度アップといった、「攻め」の取組みも含まれる。こうした努力が実を結び、人口流出から流入に逆転、この10年で10%以上の人口増加を得た。海士町の強さの鍵はコミュニティにある。地域の人々はこれに依り、自主的な取組みに打って出ることができる。このような取組みは海士町だけに限らず日本国内そこら中にある。翻ってブータンはどうだろうか。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『自分の休ませ方』 [読書日記]

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

  • 作者: 枡野 俊明
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: 新書
内容紹介
仕事に、家事に、子育てに…いつも追われるように忙しく過ごしている人こそ、「自分を休ませる」ことが必要です。それは階段の踊り場のようなもので、いったん立ち止まり、自分を見つめなおすということ。心と体をリセットし、新しい発想、そして前にすすむ力がわいてくる、「禅的休養」のすすめ。

以前、本書をおススメと言っておられた書評ブログの記事を読んで、いずれ読んでみようと思っていたのだが、最近になってようやくキンドル版が登場したので、ダウンロードしてみた。

著者は禅宗の修行僧ということなので、宗派は違うけれど、日本にいれば必ず行っていた年末年始の里帰りの中で、元日朝に実家の近所の寺にお参りに出かけ、そこでご住職から毎回聞かされる説教と同じ匂いを感じた。強いて言うならご住職の場合は浄土真宗だというのもあるのだろうか、国際問題や社会問題等、大きなところから批判的に入り、その後自分たち一人一人はどうあるべきかというところで、信仰の話に入っていかれるケースが多かったように思う。一方で本書の著者の場合はもっと静けさを感じさせられる。自分の心の持ちようというところにフォーカスを絞っているからだと思える。

ちょっと前にマインドフルネスについてかじった時に、目を閉じて呼吸と取り込んだ酸素の体内末端への流れを意識すると、マルチタスクで疲れた脳を1つのタスクに集中させることで、疲れが取れて思考がクリアになるというようなことを悟った。ちょっと疲れたなと思ったらすぐに目を閉じて、視覚から入って来る雑念をシャットアウトするような工夫はしているけれど、これを仏教的に説明したら、この著者の解説のような形になるのだろう。

その意味では、何か新しいものを得られた本では必ずしもない。疲れを取って自分のパフォーマンスを落とさないようにするために自分がやってきたことを再確認できたという点で、ホッとさせられる読み物だった。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る